スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津新選組記念館など七日町辺り

基本的に以前行ったことある場所は軽めに紹介。

10年前はねぇ、会津新選組記念館なんてなかったんだよ。
いつの間に。笑

会津新選組記念館

◆公式サイト

七日町通りの、阿弥陀寺と清水屋旅館跡の間の交差点にある。
1階は骨董屋さん・グッズ売り場で、2階が展示室になってるお店。

ここの史実的メインは現在は伝・芹沢鴨の陣羽織&鎖帷子かな。
なんか内側にびっしり神仏名が書いてあるやつ。
あと、斎藤一さん関連の写真とか説明とか。
全体的には大河ドラマ『八重の桜』に関連した品とか台本が多かった。

確か去年、TV番組『YOUは何しに日本へ?』で、
海外の斎藤一ファンの方がここで斎藤さんの写真を見てたりしてて、
宇都宮藩士の戦利品で元新選組隊士の刀ってのが映ってたんだけど、
それはもう展示されてなかった。
今年の5月に栃木の方に姉妹館ができたらしいので、
宇都宮ゆかりの品だし、そっちに展示されてるのかも~。

ま、いずれ、栃木にも行く、かな…うーん、どうかな(笑)。
店員さん、質問責めしちゃってすいませんでした。反省しよ…。


せっかくなので、斎藤一さんのお墓にも参拝。(→過去記事

斎藤一の墓(阿弥陀寺)


清水屋旅館跡にも。(→過去記事

清水屋旅館跡

過去記事、ちょっと口汚くてすいませんね(苦笑)。
昔は新島襄・八重夫妻じゃなくて宇田成一さんの説明があったのかな。
『八重の桜』でけっこう変わったんだろうな、やっぱり。

会津刀匠三善長道・和泉守兼定の墓

どっちのお墓の場所も、会津若松駅でもらえる
会津若松観光マップってのに載ってるからわかりやすいよ。

「三善長道」とは、近藤勇さんが池田屋事件の褒美として
会津藩主・松平容保さんから賜った刀として有名だよね。
私も最近になって思い出しました。(おい)
その名刀ぶりから「会津虎徹」とも称される刀匠さん。

「和泉守兼定」は、もう言わずもがな。笑
土方歳三さんの愛刀ですね。会津兼定11代目の方。

あー、ちなみに夏場のお墓とかは虫(特に蚊)との戦場です…。
夕方とか薄暗くなると特にヤブ蚊の活動が異常なので、
夏の夕方に碧血碑へ行ってしまった時は酷い目に遭いました…。
虫よけスプレー必須。できるだけ朝~昼の明るいうちに。

刀匠三善長道さんのお墓は法華寺にあります。
本堂に向かって東の端にあります。境内入口に案内碑もあるよ。

刀匠三善長道の墓

ここは絶対夜には来れないなってとこでした。笑
いやどこにしろ夜にお墓参りするもんじゃないけど。

句碑?みたいなのもあった。内容は確認してません。

刀匠三善長道の墓(石碑)


続いて、刀匠和泉守兼定さんのお墓は天寧寺にあります。
天寧寺と言えば、近藤勇さんのお墓があるところで、
新選組ファンならよく知ってるお寺だと思うんですけど、
まさか兼定さんのお墓もあったとは…知らなかったなぁ。

刀匠和泉守兼定の墓2

石碑かっこいい(笑)。会津兼定は古川姓です。
会津刀匠を区別するときに、古川兼定系とか言うみたい。

すごく見晴らしが良いところでさあ。感動しちゃった。

刀匠和泉守兼定の墓1

贔屓して画像を2枚あげる(笑)。

んで、せっかく天寧寺まで来たわけなのでもちろん。
近藤勇さんのお墓にも参拝。

近藤勇の墓(天寧寺)

「よお、10年ぶりだな」

みたいな(笑)。土方歳三さんの慰霊木碑、色褪せたねw(こら
周りの草もけっこう生い茂った気がする。(→過去記事

兼定さんのお墓は境内入ってすぐ左の方に見えるけど、
近藤さんのお墓はかなり奥の方にあるよね。改めて思った。
新政府軍に見つかって荒らされないようにとか、
そういう意図もあったのかなあ…て思いながら登ってきました。


あ、ちなみに。。。
刀匠大和守源秀国さんのお墓は東京品川に。
刀匠越前康継さんのお墓は福井にあるようです。

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 三善長道 和泉守兼定 近藤勇

母成峠古戦場とその他猪苗代史跡

会津鶴ヶ城の日本刀展を見に行くついでに史跡巡りもしまして。

まさかの10年ぶりのリベンジ成功!!笑。(→過去記事

母成峠古戦場の碑

あ、日本刀展の記事は後で書きます。

いや~…良かった!行けて!!笑
今回も行けなかったらもう一生行けない気がしてた。

解説碑。私が映り込まないようにめっちゃ斜めから撮りました。
裏にはびっしり寄付者の名前が。

母成峠古戦場の碑(解説)

ここに行くまでの道のり、昔は有料だったらしいけど、今は無料。
猪苗代駅からタクシーで行きました。
中ノ沢温泉まではバスがあるらしいんだけど、
そこから徒歩で1時間半って書いてあったから…無理だと思って笑。

行く途中にあった川。
温泉の影響で赤いんだって~。火山岩が影響してるとか何とか。

母成峠までの道中の川

猪苗代は、初代会津藩主・保科正之ゆかりの地らしく、
彼のお墓以外にもいろいろありました。
せっかく来たので、ついでにタクシーの運転手さんに案内してもらった。
ありがとうございました!

▼以下、追記として続きます。

続きを読む »

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

井上源三郎資料館の大和守源秀国

秀國って書いた方がいいのか迷ったけど秀国にしとく。

あ~、カテゴリー分けどうしよ(笑)
刀剣乱舞にしちゃうね~

ひのまつりの時に井上源三郎資料館、行ってきました。
すごい久々でした。壁が派手になってたw

井上源三郎資料館

近藤さんが井上松五郎さんにお土産として渡したという
大和守源秀国の銘は「慶応二年八月日」でした。これ確認したかった。
目で確認できたわけじゃなくて解説パネルに書いてあったんだけど。笑
霊山歴史館さんで常設展示されてる土方さんの秀国と日付一緒だよね。
同じ時期に鍛刀されたやつかね、やっぱ。

慶応3年に新選組が購入した「大和守」3振りのうちの1振りではなさそう。

こないだネット検索したら、大和守源秀国は松五郎さんだけじゃなく
多摩の複数の親戚筋に配られたんだとか?
それ館長さんとかに聞いて見れば良かったなー。

刃文?は乱れてなくて、まっすぐ一直線に近くて、
兼さんに比べると少し幅広で平たい感じがした。素人感想。
兼さんが研ぎ減りしてて細いだけかもだけど。
樋は無かった。ていうか私が見る刀ってだいたい樋は無いなー。

『新選組と刀』によると、この時期の刀匠秀国さんは3代目らしく、
「大和守」の称号は慶応2年7月5日に受領したらしいです。
銘の日付は縁起の良い月を選ぶという話があるので、
「八月」と刻まれていても、実際は6~10月ぐらいだったりするのかな。
大和守受領記念の刀かもね?
そういう感覚があるのかどうかはよくわかりませんが。(適当)

終わる!

---2016.06.17---
って、追記!!ごめん!(笑)
昔この資料館で買った『井上松五郎・源三郎兄弟の事蹟』て本に
秀国のことも詳しく書いてあったわーー。確認しろよっていう(笑)

長さ:2尺5寸

3振り?の秀国は、佐藤彦五郎・谷定次郎・井上松五郎に贈られたと。
谷さんの秀国は日野家に現存してるらしい。
この本では、『金銀出入帳』の「大和守」3振りの内の1振りとしてる。
でも「大和守」は慶応3年11月26日付で代金払ってるんだよね…?
刀身が慶応2年8月頃にできてるのに、そんなに日にち開くのかな。
うーん、わからない;;

でももしそうだとしたら、同じ日付の土方さんの秀国も
やっぱりこの「大和守」3振りの内の1振りなのでは…???
彦五郎さんの秀国が、結果的に土方さんに渡った可能性…?

ダメだー。考察が中途半端すぎてさーせん(笑)

Tag : 新選組

京都・北野天満宮 ~宝刀展~

私の中で、山南忌の次にメインイベントだったのがここ。

北野天満宮。

北野天満宮

やはり刀剣乱舞きっかけで、宝刀展というのをやってて。
展示されている鬼切丸(髭切)という刀が、刀剣乱舞には出てくるんですけど。
↓下の写真右側のパネル参照。
北野天満宮(宝刀展)

私、幕末にはまる前に陰陽師とか平安京の闇が好きだった時期があって、
源頼光とかその部下の渡辺綱とか結構思い出深いんです。

渡辺綱が奉納したという燈籠が北野天満宮の境内にあります。
渡辺綱燈籠

この燈籠の立札に書いてあるように、一条戻橋で鬼に襲われた綱は、
刀で鬼の腕を切り落として難を逃れました。
その時の刀は源頼光が綱に預けていた髭切でしたが、
この鬼の腕を切り落とした逸話によって鬼切丸と名が変わりました。


その鬼切丸(髭切)が!!これ!!!!(*´▽`*)

鬼切丸(髭切)①

鬼切丸(髭切)②

鬼切丸(髭切)③

携帯・スマホでの写真撮影OK、ブログ・ツイッターにUPしてOKとの事で、
いろんな角度からの写真あげちゃうよ!!!笑

鬼切丸(髭切)の伝来書も一緒に展示されてました。
鬼切丸(髭切)由来書

まあ諸説あるとかそういうのは歴史につきものなので置いといて。

現存してるとは思わなかった!!www
伝説上にしか存在しない刀だと思ってましたすいませんwww

いや~~面白いな~~
ま、ま、私が無知なだけだったんだけどさ!
ただこれだけのために京都には来れなかったから、
山南忌があって良かった。(おい


展示刀はもちろん鬼切丸(髭切)だけじゃないので、
他にもちょっと気になった刀の写真載せときますね。

猫丸。可愛い名前じゃ~ん( *´艸`)♡とか思ってたら、
由来が猫を真っ二つにしたからという…(・∀・)で、ですよね…
猫丸

信濃守国広。堀川国広と同じ人?だよね?違ったらゴメン。
信濃守国広

伊賀守金道。近藤さんが文久3年10月20日付の手紙で、
荒木家で拝見したって書いてたのも確か伊賀守金(兼)道だっけ。
伊賀守金道

青江恒次。にっかり青江の兄弟?
青江恒次

大阪刀工・月山貞勝の昭和2年の奉納刀。
時代が変わってだいぶ趣きが違うよね。刀身めっちゃまっすぐだし。
月山貞勝

以上にします!
他にもたくさん展示されてます。
刀だけじゃなくって、武具とか馬具とかの展示もありました。
あ、あと、加藤清正寄贈の鏡とか。

(∩´∀`)∩充実したー!

奈良・薬師寺 ~噂の刀展~

刀剣乱舞絡みで。
3月から奈良・薬師寺で、噂の刀展ていうのをやってると聞いて。

薬師寺

行ってきました。

▼聚宝館
薬師寺(聚宝館)


展示品の撮影はNGだったので、メモだけ残しますね。

数えきれないぐらいありとあらゆる刀が展示されてたんですけど、
日本刀剣博物技術研究財団の澤口さんと
株式会社ブレストシーブ所蔵の刀がほとんどでしたね。

・和泉守兼定
二代目(歌仙ではないが同じ刀工)と十一代目の展示があり、
十一代目の作は出来が良かったのか刀工自身が試し斬りをし、
銘は「神風 和泉守兼定」と切ってある。

土方「かっこよくて強い刀を作ってくれ!!」
兼定「任せろ!!!」
っていう会話を想像する私。主も刀工も自信家な兼さん(笑)。

土方歳三資料館のもそうですけど、
やっぱり十一代兼定さんの銘は綺麗で読みやすいです。
あ、薬師寺の十一代兼定には溝(樋)がありました。
樋は血抜きのためじゃなく軽量化と強化のためらしいですね。
(ネット検索調べ)
あと、二代目兼定が明らかにゴツくてちょっと笑いましたw

・長曽祢虎徹
真作と贋作(どちらも最上作)の両方置いてあって、
どちらが真作がわかるかな?とかいう展示のされ方。
で、正解がわからないという(汗)答えは!???ww

清麿の刀の展示もあって、とても良い刀だそうで。
現代では虎徹より清麿のが高値だと書いてあったんですけど、
本当ですかね???そうなの??

二番目の堂の奥に脇差も置いてあった。

・堀川国広
二番目の堂の奥に、短刀がありました。
京都堀川に住んでたから堀川、新刀の祖と言われる。
諸説あるみたいですが、へぇ~ってなりました。

・越前康継(二代目)
葵御紋の脇差が二番目の堂の奥に展示。
佐藤彦五郎資料館にある越前康継と見比べてみたい笑。


その他、気になったこととか。

・加州清光の「加州」は加州茎と呼ばれることから。
・来派の「来」とは、異国か蝦夷から来た、という意味。
・来国行は来国俊の父親。
・「長谷部」は人名じゃなくて地名・流派。
・江戸時代以降に、銘が義務付けられた。
・戦艦三笠の大砲で作った軍刀が大人気だった。
 まっすぐな刀身。銘もはっきりわかりやすい。
・三条宗近の弟子とも言われる五条国永
・徳川慶喜が所蔵していた来国行ほか、
 紀州徳川家から売られた刀(鎌倉時代?)など
・同田貫正国の薙刀
・妖刀村正特集
 銘を潰した上に別の刀工の名を刻銘。
・にわか刀剣ファンが刀剣を購入する際の注意書きなど

見逃したのもあるかも知れない。
にわかもにわかなので、全部へぇ~としか言えないですけど笑。
思ってた以上に濃い展示でした。
BASARAに絡めて真田家・伊達家の刀とかもありました。

京都 ~刀剣乱舞スタンプラリー~

こっから刀剣乱舞だよ(・∀・)

ちょうど13日まで、刀剣乱舞でも京都でコラボイベントをやってて、
せっかく同じ時期に京都に来たので巡ってみました!w

壬生塚には局長刀:長曽祢虎徹と副長刀:和泉守兼定
パネル(長曽祢虎徹&和泉守兼定)

北野白梅町駅には副長脇差:堀川国広
兼さんがいないの寂しそうだけど笑、国広は一条堀川に住んでたらしいから、
一条通り付近の駅なのかな?細かく言ったら晴明神社の近くだろうけど。
パネル(堀川国広)

四条大宮駅には沖田組:大和守安定加州清光
パネル(大和守安定&加州清光)


他にも見たけど、新選組のだけにしとくw

太秦映画村にも超久々に行ったよ~。
喜らくのコラボメニュー:
和泉守兼定と堀川国広の味噌ラーメンセット
長曽祢虎徹の黒ゴマ団子
土方組ラーメン
沖田組のはアイスで、寒くて断念しました(;´∀`)

最後に全員集合~!
安定が背後霊みたいになってるけどゴメンwこれが精一杯だったw
パネル(新選組刀)

嵐電って、薄桜鬼の時もこういうコラボやってたみたいだねぇ。
あ、残念ながらラッピングカーには遭遇できなかったな~

(∩´∀`)∩楽しかったー

池田屋 ~薄桜鬼フロア~

池田屋~(∩´∀`)∩
せっかくだから薄桜鬼フロア予約♪

おお~(笑)
池田屋(薄桜鬼フロア①)

この土方さんの衣装も好き。サイン入り?詳しくなくてゴメン。
池田屋(薄桜鬼フロア②)

『薄桜鬼・真改』発売を記念して、コラボメニューがたくさん。
ノンアルコールカクテルもあったよー。
池田屋(薄桜鬼メニュー①)
池田屋(薄桜鬼メニュー②)

撮るの忘れちゃったけど、文字のみのコラボメニューもあって、
左が局長のご褒美(まぐろ丼)、右が副長のお説教(魚フライ)だったかな。
池田屋(薄桜鬼メニュー:近藤・土方)

左:山南さんの改良型変若水(恐/笑)、右:歳三の怒り(赤ワイン)
オマケにコースター貰った!ww
実はノンアルコールの永倉さんのも頼んだんだけど、撮るの忘れたよゴメンw
永倉さんのコースターは永倉新八ファンの友人に貰われる予定です笑。
池田屋(薄桜鬼メニュー:山南・土方)

左:鬼の休憩と右:ジョッ鬼ぷりん(マンゴープリン)で締め。
ジョッ鬼ぷりんすごく美味しかったけど食べきれなかったぁ~;;
池田屋(薄桜鬼メニュー:鬼)

以上!楽しかったー(∩´∀`)∩

京都 ~池田屋 はなの舞~

池田屋跡がパチンコ屋か何かから居酒屋になってからは初!

池田屋跡(はなの舞池田屋)

史跡を利用した商売イイネ!(大絶賛)w
予約したのは薄桜鬼フロアだから、以下は帰り間際に撮ったやつ笑。

階段。頭上に近藤さんにふっとばされたらしき浪士がw
はなの舞池田屋(階段)

刀剣部屋。とうらぶクラスタさんはこの部屋が嬉しいかな?
はなの舞池田屋(刀部屋)

池田屋の中にまた池田屋(笑)
はなの舞池田屋(池田屋)

土曜の閉店間際だったけど予約できて良かった(*‘∀‘)
薄桜鬼メニューは薄桜鬼カテゴリの記事で上げようかと思う。

京都 ~壬生・新選組屯所周辺~

山南忌に参加する機会があったので、京都に行き、
ひっさびさに京都の新選組史跡巡りをちょっとだけしました~。


▼八木邸(新選組屯所)。
屯所の石碑傍の石造りの水溜め場が鉢っぽいのになってましたね。
壊れちゃったのかな?今回は中には入らず。
新選組屯所跡(京都壬生八木邸跡)

▼前川邸。
の、蔵の、裏側(笑)。
前川邸(蔵の裏)

▼壬生寺
京都壬生寺

と、壬生塚にある新選組隊士達のお墓。
芹沢さん達のお墓は平成24年に建立当時の墓石に復元したそうで。
壬生塚(芹沢鴨・平山五郎・河合耆三郎の墓)

新選組同好会が記念に植えたらしい「誠桜」見るの忘れちゃった。
光縁寺も行かなかったなぁ…山南忌で来たのに(汗)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。