会津鶴ヶ城収蔵品展 ~日本刀(前期)~

やっとこの記事まできたwまず…雨天でした!笑
まあ目的は城内だから全然良かったんだけどね。

会津鶴ヶ城収蔵日本刀展幟

「十一代和泉守兼定」の幟を見て喜ぶ私。チョロい(笑)。

ただ、全部写真撮影はNGだったので、画像はないです。
オススメなのは鶴ヶ城出口付近のお土産屋さんで売ってた
会津若松市発行の『会津、刀剣の美』って本。
ちょっとまだ兼定のところしかちゃんと読めてないけど、
関兼定が会津に仕えるようになった経緯とか、
会津刀匠の系譜、それぞれの作刀を写真(小)付きで解説。
今回展示されてない刀の写真・説明も載ってるし、
試し切りについての説明も残酷な絵付きで載ってます(;´∀`)

もっと詳しい本あるかも知れないけど、
にわかの私にもわかりやすく詳しく載っててありがたい。
図録は売ってないと思ったので買ってない。
売ってたらゴメン!てか売ってたら見逃してるわ泣くw


んじゃー、私が興味ある展示刀だけメモ残します。
『会津、刀剣の美』を参考にしつつ。★は左記の本に掲載あり。
あと、刀の印象とかは個人(にわか)の主観です!w

*****************************
★和泉守兼定(刀) 70.6cm
「和泉守兼定」
「元治元年子八月於皇都作 小池信政所持」

元治元年8月に京都で作った刀。11代目兼定さん。
刃文は兼さんと似てるけど、細い樋が2本入ってて、
切っ先が長め、反りがやや強い印象。
小池信政さんの事は知らない。

*****************************
■和泉守兼定(脇差) 43.4cm
「和泉守兼定」
「君万歳」

これも11代目兼定さん。
確かなことは言えないけど、刃文が派手に波打ってて
切っ先も妙に長い見た目重視の印象を受けたし、
何より銘が献上刀っぽいので、
明治二年六月に誕生した松平容保の子・容大への
献上刀なのかな?解説見逃してたらごめん。

『会津、刀剣の美』には他に
慶応4年2月付けの和泉守兼定の短刀も掲載されてます。

*****************************
★近江大掾兼定(刀) 72.4cm
「近江大掾兼定」
「天保十二年三月二日 於西
河原大脇毛落 切手長坂勝安」

10代目ぐらいの作なのかと思ったら、試し斬りしたのが
天保12年なだけで、会津兼定4代目の作だそうです。
試し斬りした日・場所・部位・人、ですね(;´∀`)
11代の兼さんと似たゆるい波状の刃文。やや細身?
長坂勝安さんて、別の刀の銘でも名前出てきてる。

*****************************
■三善長道(刀) 69.6cm
「陸奥大掾三善長道」
「延宝二甲寅年八月日」

初代長道さんの作。
延宝年間(1673年~)から江戸で修行して大絶賛され、
会津領では三善長道さんの刀が大人気だったそうで、
お金持ち・裕福の象徴とされていたとか。

*****************************
■三善長道(脇差) 55.0cm
「陸奥大掾三善長道」

これもたぶん初代長道さんの作。
日付銘なしの脇差がたくさんあるんだそうです。
樋が、細長いのと太短いの2本。

*****************************
■三善長道(刀) 84.7cm
「長道」
「寛文十一辛亥年二月日」

これも初代長道さんの作かと。
寛文11年(1671年)なので、まだ大人気になる前?

*****************************
■三善長道(刀) 67.5cm
「陸奥大掾三善長道藤四郎 一宮左太夫望之」
「寛文十庚戌年八月日
延宝七巳未歳八月日二ツ胴裁断
大沼又八郎俊忠試之」

これも初代長道さん。
ってか、初代のしか無かったんだ!w今気づくというw
近藤勇さんが褒美で貰ったのも初代のだったのかな?
その後、後代の三善長道さんに刀発注したそうだけど。
一宮左太夫って誰だろ(笑)。
わからないけど、作ったのは大人気になる前で、
試し斬りは大人気になった後なのがちょっと面白い?

全体的に、三善長道さんの刃文はゆるい波状、
なんですけど、何て言うんだろ?厚め?のような。
切っ先は短め、かな。

*****************************
■大和守源秀国(刀) 75.1cm
「元興入道松軒」
「文久三癸亥年仲春應 橘正巳翁作之」

最近有名な(?)大和守源秀国さん。
3代目元興で、慶応元年秋から秀国に銘を改め、
慶応2年7月5日に大和守を受領したそうです。
だからこれは、銘が元興なんですね。
すごく細かい波状の刃文。

*****************************
■大和守源秀国(刀) 71.7cm
「源元興作之」
「安政六年秋八月
同年十一月廿三日於千住太々土壇払
山田吉武試之」

同じ人の。これもまだ秀国になる前。
この頃は江戸で修行してたそうです。
こっちの刃文はゆるめの波状。
あっ、この山田吉武さんてのは首切役人で有名な
山田浅右衛門さんの家系の人ですかねぇ?

大和守源秀国さんのは、どっちも少し反りが強めかも。

井上源三郎資料館と霊山歴史館に展示されている
秀国はどっちも「慶応二年八月日」ですよね。
『会津、刀剣の美』には同日付の別の刀が掲載されてて、
それには京都で作った事が刻銘されてます。
同じ日付で何振りも作ったんですね。少なくとも4振り?

*****************************
■宗近(大槍)

これは別に会津刀匠の槍というわけじゃなくて、
戊辰戦争時に17歳で戦死した町野久吉さんの槍だそう。
刀剣乱舞に出てくる三日月宗近の系譜の人なのかなあ?
わかりません。何か角ばった槍でした。
特殊なドライバーみたいな・・・ひどい説明だw
柄が付いてないから素人目だと大槍っぽく見えない。

*****************************

よし、以上~!!
あ~…後期の展示もあるんだよね~wどうしよw

最後に雨の会津城と天守閣からの写真を。

会津鶴ヶ城(雨天)

会津鶴ヶ城展望(雨天)

では!(/・ω・)/

スポンサーサイト

Tag : 和泉守兼定 三善長道 大和守秀国

COMMENTS

COMMENT FORM