スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都・北野天満宮 ~宝刀展~

私の中で、山南忌の次にメインイベントだったのがここ。

北野天満宮。

北野天満宮

やはり刀剣乱舞きっかけで、宝刀展というのをやってて。
展示されている鬼切丸(髭切)という刀が、刀剣乱舞には出てくるんですけど。
↓下の写真右側のパネル参照。
北野天満宮(宝刀展)

私、幕末にはまる前に陰陽師とか平安京の闇が好きだった時期があって、
源頼光とかその部下の渡辺綱とか結構思い出深いんです。

渡辺綱が奉納したという燈籠が北野天満宮の境内にあります。
渡辺綱燈籠

この燈籠の立札に書いてあるように、一条戻橋で鬼に襲われた綱は、
刀で鬼の腕を切り落として難を逃れました。
その時の刀は源頼光が綱に預けていた髭切でしたが、
この鬼の腕を切り落とした逸話によって鬼切丸と名が変わりました。


その鬼切丸(髭切)が!!これ!!!!(*´▽`*)

鬼切丸(髭切)①

鬼切丸(髭切)②

鬼切丸(髭切)③

携帯・スマホでの写真撮影OK、ブログ・ツイッターにUPしてOKとの事で、
いろんな角度からの写真あげちゃうよ!!!笑

鬼切丸(髭切)の伝来書も一緒に展示されてました。
鬼切丸(髭切)由来書

まあ諸説あるとかそういうのは歴史につきものなので置いといて。

現存してるとは思わなかった!!www
伝説上にしか存在しない刀だと思ってましたすいませんwww

いや~~面白いな~~
ま、ま、私が無知なだけだったんだけどさ!
ただこれだけのために京都には来れなかったから、
山南忌があって良かった。(おい


展示刀はもちろん鬼切丸(髭切)だけじゃないので、
他にもちょっと気になった刀の写真載せときますね。

猫丸。可愛い名前じゃ~ん( *´艸`)♡とか思ってたら、
由来が猫を真っ二つにしたからという…(・∀・)で、ですよね…
猫丸

信濃守国広。堀川国広と同じ人?だよね?違ったらゴメン。
信濃守国広

伊賀守金道。近藤さんが文久3年10月20日付の手紙で、
荒木家で拝見したって書いてたのも確か伊賀守金(兼)道だっけ。
伊賀守金道

青江恒次。にっかり青江の兄弟?
青江恒次

大阪刀工・月山貞勝の昭和2年の奉納刀。
時代が変わってだいぶ趣きが違うよね。刀身めっちゃまっすぐだし。
月山貞勝

以上にします!
他にもたくさん展示されてます。
刀だけじゃなくって、武具とか馬具とかの展示もありました。
あ、あと、加藤清正寄贈の鏡とか。

(∩´∀`)∩充実したー!
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。