スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

榎本武揚百回忌 於吉祥寺

参加させていただきましたv(^∀^)

榎本武揚百回忌案内

すごく歴史的な行事に参加することができたと感慨深く思っています。
本来、うちらみたいなファンが参加しちゃいけないような行事で、
とっても身内の、ご家系の方々がたくさんいらっしゃってて、
「わ~;;いいのかいいのか::汗」とビビりながらも、
図太く偲ぶ会(懇親会)まで参加してきてしまいました!!笑
まやこさんも道連れです。笑

法要は榎本さんのお墓がある吉祥寺の御本堂?で行われました。

榎本武揚百回忌受付

この催しは東京農業大学の協力が大きいらしく、
お土産には農大イチオシ商品のカムカムドリンクをいただきました☆

で、何はともあれ、まずは榎本さんのお墓に参拝しようと言うことに。
※以下、お墓の写真が入りますので、苦手な方はご注意ください。

いつもより献花の彩りが鮮やかで、綺麗になっている気がしました。
だって主役ですもんね^^*嬉しいな~嬉しいな~w
門が開いていて、敷地内にも入れるようになってました。

榎本武揚百回忌墓

受付を済ませ、資料(明治42年10月31日榎本子爵葬儀の記事)を貰い、
榎本家の控え室になっていた正面の部屋をチラリと見るとなんと…

横文字の掛軸…!!!

こ、これは…!!榎本さんしかいないんじゃないか!??( ̄д ̄*
どうなんだろうどうなんだろう、もっと近くで見たい~うーでも~…
とウロウロしていると親切な女性の方が、
「あの掛軸は榎本武揚が書いたものですよ」と教えてくれました!!
やっぱりーー!!!!!!!!うわあああああああああ
「す、すいません、部屋に入って近くで見ても良いですか!?」
「どうぞどうぞ^^あちらの漢詩も武揚が書いたものですよ^^」
ひいいいいいいいい!!!入って5分で榎本さんパラダイス!!笑

横文字(蘭語らしい)の掛軸にはこう書かれてました。

Onderneming is de beste maesteres.

  Voor dem Neer Amari,
   van zyri vriende Enomoto Kamadiro.


筆記体で書かれてるのでこれで合ってるかどうか微妙ですけど;;、
意味は、「冒険的事業は最良の成功だ」みたいな??汗
オランダのニール村にいるアマリさんに宛てたんでしょうか…。
正直全然わからん。オランダ語の辞書が欲しいと思った。

さて、本堂で法要が始まるのを待ちます。

榎本武揚百回忌本堂

うーわーすごいー!!真ん中に榎本さんの遺影がありますヨ!

※こっから先、ご子孫の榎本隆充さんを榎本さんと呼びますので、
 榎本武揚さんのことは「武揚さん」と呼ぶことにします。


施主の榎本隆充さんは和装でご登場されました♪♪
参加者はおよそ250人ぐらいと聞いています。
新選組関係者も結構来ていて、日野と流山の方を確認できました。
あと土方家ご子孫の土方愛さん、佐藤家ご子孫の佐藤福子さん、
私は確認できなかったのですが、愛さんのブログ(携帯)によると、
土方さんの親戚の平忠次郎さんのご子孫もいらしてたようです^^

新選組流山隊の皆さんは、ちゃんとスーツで来る予定だったところ、
榎本さんより、「お手数おかけしますが、ぜひ隊服で来て下さい」と、
直接ご依頼を受けたんだとか。榎本さんッ!笑
流山隊さんは隊服が黒地なので、ちょうど良かったのかな、と。
ふだん行く勇忌や歳三忌とは明らかに雰囲気が違ったので、
もの珍しいのかいっぱい写真撮られてましたね~。
来賓として土方愛さんが紹介されたときなんかも、
一瞬、「おお~」と、榎本一門のあいだでどよめきが起こりました。
「土方歳三も来てるのかぁすごいなぁ」みたいな。新鮮な反応。笑
きっと榎本さんはこういう反応を期待してたんだと思います。笑

法要が終わって、童門冬二さんの講演会。
いきなり最初から「大した話はできません、どうもんすいません」。爆
童門さんは幕末の思想とか国際関係、老中の面々とかには詳しいけど、
戊辰戦争や榎本さん個人に関してはそんなに詳しくないみたいで、
すごい恐縮しながら、幕末の思想と武揚さんを比較した話をしました。
いえいえ、とても勉強になりましたよ!

法要と講演会が終わり、
今度は場所を変えて霞会館「榎本武揚を偲ぶ会」に出席。

榎本武揚百回忌偲ぶ会

ご先祖榎本子爵の遺影を飾って、開会の挨拶を榎本さんより。
東京農業大学理事長の松田藤四郎さんもいらっしゃってました。
他に、メキシコ大使館の書記官さん?かな、外国の方も来ていて、
幕末・新選組研究家の方々、明治・海軍研究家の方々、
咸臨丸子孫の会会長さん、幕末史研究会会長さんなどなど、
それと北海道の観光協会の人とか、小樽の宮司さんとかも来てました。
榎本さん関係者がこんだけ一箇所に集まるのは滅多に無いそうです。

ご子孫の方とも、いろいろお話させていただいちゃいまして、
松本良順さんのご子孫(佐藤泰然さんの直系かと思います)、
赤松則良さんのご子孫、小杉雅之進さんのご子孫、
榎本隆充さんのご長男さんとは写真まで撮ってしまった…!!
すいませ…!!だって若くてすごくかっこよかった…!!( ̄口 ̄*w
良順さんのご子孫は佐藤さんと言うんですが、
私達が近代史に興味があることをすごく誉めてくださって、
「そういう活動が日本のためになるんだよ」と仰ってくれました。
うおおお…ありがとうございます。涙;ミーハーですがスイマセン;汗
ちなみに沢太郎左衛門さんのご子孫はお仕事で来られなかったそう。
でも、小杉さんも別系統の血縁者がいたことだし、
沢さんも違う系統のご子孫がいらっしゃってたのかも??
そうそう、ビックリするところで長谷川平蔵のご子孫がいました。驚

食事めちゃくちゃ美味しかった。
高かっただけありましたよ!!笑笑

榎本武揚百回忌ローストビーフ

司会の方が「それでは榎本武揚の思い出を語り合いながらご歓談を」
と言うので、一同が「語れないよ!笑」と思わず笑いが起きたり、
赤松さんのご子孫と良順さんのご子孫は血縁関係があって仲良くて、
「おーい○○(赤松さんの名前)、若い子連れてきたぞ!笑」
なんて言うノリで、すごく微笑ましかったです。笑笑
土方愛さんはずっと榎本さんと同じテーブルにいたかな??
榎本家と土方家が仲良くしてくれてるのは本当嬉しいな~w(^∀^*

閉会後は、まちさんとも合流して即興「榎本武揚を語る会」開催。笑
たーのしー!!やっぱオランダ行きてぇなぁぁぁー!!

来年は100年祭だ!!
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

充実のレポありがとうございました☆

横文字の軸・・・・・。
さすが榎本さんらしいです(笑)。
オランダ語は少しはわからないとマズイかな・・・とは
思うのですがついつい後回しにしております。

そしてなぜか鬼平さんの御子孫さま♪
鬼平と榎本さん。
もしかして世間というものは狭いということでしょうか(笑)。

すてきなレポ、たっぷり楽しませていただきました!
(拙ブログでぜひ紹介させてください)

あるゆさん、詳細かつ迅速なレポ、ありがとうございました、感動が伝わってきました(*^^)
 榎本家だけならず、大学の協力、御子孫同志の繋がり、出席者の皆さんの熱い気持ちが繋がっての一日だった様子がよくわかりました。
 それにしても、最後はあんなすてきなお食事をしながらの会だったんですね!!
 おいしそ~~(*^^*) 

No title

あるゆさん、こんばんは。
百回忌&偲ぶ会の詳細レポ、ありがとうございました。
「偲ぶ会」について書かれている方はほとんどいらっしゃらないので、有難いです。参加されている方々は、幕末ファンにはたまらない錚々たる面々だったのですね。
まさに榎本さん三昧の1日ですね。う、羨ましい…。
拙ブログでも紹介させていただきますね。

>はな。さんw

リンクありがとうございます~v
ものっそい趣味に偏ったレポですみません(笑。

記事に書くの忘れたんですが(おい)、ちゃんと薩摩側の人(島津家の人)とかもいたんですよ^^黒田家の人もどこかにいたんだろうか…。

鬼平さんは、榎本さんとどう関係あるのかわからないんですよ~;;
食事してたら「この人は長谷川平蔵の~」と聞こえたので、「え!長谷川平蔵!?」って思わず言ったら、「そうだ!この人は長谷川平蔵の子孫なんだぞ!」ておじさんが教えてくれました笑。"本家"の子孫??って言ってたかな??私はあまり鬼平さんに詳しくないんですが、何かのヒントになりますかね??汗。肝心のご子孫は、「そんな言い広めるなよ馬鹿!汗」みたいな感じで困ってましたが。笑

>天衣さんw

先日はお世話になりました~^^

食事めちゃくちゃ美味しかったですよ!!
ローストビーフ、スパゲッティからお寿司、蕎麦、和洋とりそろってましたv
蟹のフライとか…あー料理名わかりませんけど;とにかく美味しかったです!!笑

>香音里さんw

ご紹介ありがとうございます♪♪変なテンションですいません;汗

偲ぶ会、お酒飲み放題だっただけあって、ご子孫の方々もたぶん普段よりテンション高くてですね(笑)、うちら完全部外者なのに、すごくフランクに話してくださったので嬉しかったです^^

来年の100年祭企画者の方が、来年に向けての意気込み(小樽・函館での榎本武揚特別展示会など)を話してくださり、最後の締めは、「江戸っ子の武揚にちなんで、3本締めをさせていただきたいと思います!」と言って、三本締めが行われましたよ^^*

凄いですね

榎本さんの百回忌レポート読ませていただきました。
凄いですね!
貴重な体験談ありがとうございます!

行きたかったですね・・・木古内(の慰霊祭)も行けなかったので。(こちらは古屋さんのご子孫が来てたそうで・・)

>高松飛鳥さんw

ご子孫に詳しい知人がいて、いろいろ紹介してくれたんですよ~笑。
御身内で交流しているところ悪いかな、とも思ったんですけど、せっかくなんでガンガン交流させていただきました。笑

木古内には古屋さんのご子孫もいらしてたんですか!
てことは高松凌雲さんのご子孫(傍系?)でもあるわけで…わお!!
飛鳥さん、慰霊祭、参加できず残念でしたね;;
私もちょっと北海道まで行く余裕はなかったのが悔やまれます;;

また機会があったら木古内の方にもぜひ参加したいです☆
(てゆか来年のひげコン観に行きてぇ~w)

霞会館♪

あるゆん
レポありがとう!私もいければ行きたかったよ。。
横文字はさすがの釜さん!ですね!!
霞会館って多分一般人は利用できないと思う。。。旧華族の交流の場、
なので。だからゴハンが美味なのは必然なのだよううううう
同じビルで働いているワタクシの昼メシがコンビニ弁当なのと対照的(滝汗)
私も霞会館で食事してみたいわーーー!(ツテなし・・・涙)

>ままこっちさんw

最近、体調が良くないそうですが大丈夫ですか??汗
私も風邪をひいて、咳が出まくって、気管支炎(一歩手前?)になってしまいました~;;もうすぐ治りそうです^^
無理なさらないでくださいね~コメントくださってありがとうございます♪♪

霞会館って、別名華族会館と言ったらしいですね…!ひー;;
知らんかったー;;確かに周りには官庁ビルやら政治関係のオフィスやらがいっぱい建ってて、私なんか明らかに場違いな雰囲気でしたが、ひー!やっぱ榎本さんってすごいんですね!!(今更かおい)

お疲れ様です&トラバしました

あるゆさん、こんばんは。
先週末はお疲れ様でした~
百回忌からもう一週間がたったんですね。(時間が経つのが早い…)
あるゆさんがご一緒でとても心強かったです。
偲ぶ会の帰り際にもらった花は、今も元気に咲いています。

わたしが百回忌のレポを書こうともたもたしているうちに、早速詳細なレポをアップされていて、さすがあるゆさん、と思いました。
わたしもレポは何とか書き上げたので、こちらにトラバしました。
幕末ブログでトラバしたのは、久しぶりなので上手く行ってないかもしれませんが、よろしくです。

>まやこさんw

私もまやこさんが一緒でとても心強かったですよw(^∀^*
居酒屋に忘れていったカムカムドリンク、無事引き取ってきました(爆)
平日の虎ノ門は、まったく別世界でしたよ!!
次はオランダですね!そしてベルギー!そしてドイツ!!(え?)

TBうまくできてないカンジですかね??汗
なんかうちのブログ、関係ないTBを避けるために色々むやみに禁止ワードとか設定してるんで、もしかしたらどれかがひっかかってるのかな??まやこさんだけじゃないみたいなんですよ、TBできないの;うーん;;ちょっと禁止設定緩めてみますんで、もし良かったら、再度ご挑戦願います。私からもTBさせていただきますね^^♪♪

No title

あるゆさん、こんばんは。
遅ればせながら、トラバありがとうございました。
こちらからも、トラバできました。
当初トラバしようとした記事(レポその1)では、何度トラバしてもうまくいかなったので、レポその2でトラバしたら上手くいきました。
トラバの設定変更などお手数をかけてしまい、すみません。

ベルギーやドイツは行ったことがないので、いつかは行ってみたいです。
ヨーロッパの国々は個性がハッキリしているので、1ヶ国だけなく、数ヶ国回ってみると、国の個性がわかって面白いです。
わたしはヨーロッパ旅行でフランスのみ行ったことはないです。
フランスと他のヨーロッパの国、という感じで行ってます。

>まやこさん^^

トラバ出来たみたいで良かったです^^
でもその1じゃできなかったってことはどういうことなんでしょ?笑
原因は禁止設定じゃないのかな~??ま、いっか(おい!)

最近、私はどういう人生を歩んだら好きなところに好きなだけ行けるのかを考えています。お金があっても時間がなきゃ…と考えると現状維持?汗いや、でもそうすると将来が真っ暗…ぶつぶつ…うーんとにかくいろいろやってみるしかないですよね~…ぶつぶつ。(すいません、無視してください/笑)

生栖梶原

私の世良一族が管理の大歳神社バス停は生栖の梶原ですが、付近の松本家に今度松本良順が、MRA,ICの神戸市北区西鈴蘭台駅付近寺田医院に統制されていないか尋ねてみたく思います。世良本家の兵庫県宍粟市は、護良親王側近赤松氏が守護大名なので、松本良順と子孫が婚姻ならば、その親戚が生栖梶原にいるのか知りたいです

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

榎本武揚百回忌(その2)

榎本武揚百回忌(その1)からの続きです。法要の後、休憩を挟んで、作家の童門冬二氏の講演が行われました。内容は武揚さん自身より、武揚さんの思想に関することが中心でした。多分、童門氏は武揚さん自身について深くは知ら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。