スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ蝦夷地行こう:白老仙台藩陣屋跡

仏レポでスキャナ使いたいんだけど、調子が悪いので蝦夷地レポから。
しつこいようですが去年の9月のレポですよ。笑

広い蝦夷地を車で走り、何気にマニアックな旅をしてきました。
白老町にある、仙台藩陣屋跡地図です。
電車で行けなくもないかも??駅からけっこう歩きそうですけど…。

白老仙台藩陣屋橋

安政3年(1856年)に、北方警備のため仙台藩が築いた陣屋だそうで、
守備範囲は白老を本陣として広尾、厚岸、根室、択捉に出張したり、
近くの丘陵に愛宕神社や塩釜神社を祀ったりしたそうです。
常駐していた仙台藩士は約120人、戊辰戦争勃発により全員撤退。

中はこんな感じ。建物があった支柱跡だけ残ってるみたいな。

白老仙台藩陣屋跡

白老仙台藩陣屋跡井戸

この近くに博物館もあったんですが、残念ながら当日は閉館してた。
私は仙台藩が北方警備してたの知らなかったので、へーと思いました。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。