スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Opéra Garnier オペラ・ガルニエ(オペラ座)

ルーヴルの項で言い忘れたけど、ルーヴルはフランス革命後すぐの、
1793年には美術館として一般公開開始されていたそうなので、
1862年にフランスを訪れた使節団の幕臣達は見たかな?て感じ。

でもこのOpéra Garnier オペラ・ガルニエは、
建築計画こそ1860年にナポレオン3世治下で始まったものの、
完成したのは15年後だったそうなので、当時は工事中だったんだね。
ナポレオン3世は、ブリュネさん達が箱館戦争を離脱した翌年、
普仏戦争に敗れて帝位を下り、イギリスに亡命しちゃったそうです。
ちなみにこの戦争でニコールが戦死してるよ。(´д`;涙

パリは、観光名所が駅名になってるから便利~♪
オペラ座はたくさんあるけど、単にオペラ座と言ったらガルニエの事。

Louvre001

色んな名所や石像が各交差点のど真ん中にあるから目立つし面白い。

Louvre002

たぶん今回行った中で、装飾の豪華絢爛さはオペラ座が一番かな。
観光じゃなくて普通に劇場としても運営してます。
見学料は7€(約1050円)でした~日によってガイドも付くらしい。

まさに西洋史ものの映画でよく見るような風景。
シャルル・ガルニエって言う当時35歳の建築家が設計したそうです。

opera003.jpg

そしてこれがメインの劇場。
すーげー。なんかもう客席も全部舞台みたいにすごい。

opera007.jpg
opera005.jpg
opera006.jpg

こんなすごいとこで、オペラとか本当に観てみたい。
ちょっと、ホントすご過ぎた。
上演前なのか、舞台にセット組んであって照明調整とかしてた。

でも実は舞台&客席は思ったより狭いんですよ。
周りを取り囲んでる廊下やリビングルーム的なのが結構あるんです。

opera012.jpg

ひっ…Σ( ̄口 ̄;も、ちょっ、勘弁してくれ!!!みたいな。
すげかった。マジですげかった。なんかもう言葉なんかいらなかった。

opera011.jpg
opera009.jpg

なんかさ、シャンデリアの魅力ってすごいよね。
誰が最初に考えたか知らないけど、いやもちろん絵とかもすごいけど。
写真見返してみたらシャンデリアばっか撮ってる(笑)。

窓から見た景色はこんな感じ。

opera010.jpg

地下室もあるんですよガルニエ。
わざとかなんだか薄暗い装飾にしてあってちょっと不気味。

opera015.jpg
opera016.jpg

地下室には4枚の鏡に囲まれた広間があります。
なんだろう、ここで演技のレッスンとかすんですかね?
ちょっと不思議な空間でした。

あーオペラ観たーい!!!!いつか観に行ってやるぞ!!
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

Bonsoir、あるゆさん。
オペラ・ガルニエは、近くにシャルル・ド・ゴール空港~パリ市内往復バスの発着所があるので、外見はパリに到着するたびに見ていましたが、4回目の渡仏でやっと中に入って見学することができました。
わたしもあるゆさんと同じく、豪華絢爛な空間に圧倒されました。
舞台をセッティングする様子も見られたんですね~

オペラ・ガルニエでは現在はバレエの公演が主に上演されていて、オペラはバスティーユ広場にある、現代的な外観のオペラ・バスティーユで上演されています。
わたしもオペラ・ガルニエでのバレエ公演を見たかったんですが、パリ滞在時に上演されていた演目が趣味に合わないものだったので、見るのをやめました。

>まやこさんw

Bonsoir~♪♪
うちらが行った時は、でっかい『ロミオとジュリエット』の看板が出ていましたよ。あれもたぶんバレエかな??観ーたーいー!!私はオペラとかバレエとか、一度も生で観たことないんですよ。オーケストラ控え室とかも見つけて、すごいオーケストラも聴きたくなりました。

バス発着所がこの辺にあるんですね。
そういえばうちらは電車ばっかりで、バスはオプショナルツアーでしか乗りませんでしたよ。バスも電車と同じチケットで乗れるんですよね。駅付近にチケットの残骸が散乱しているのが気になりましたが…笑、観光客に優しい町、パリ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。