横田淳氏講演会『宮古海戦を追え!』in土方歳三資料館

8月11日16:30から土方歳三資料館にて行われた、
箱館戦争研究家横田淳氏の講演会に参加してきました♪♪

いつものようなメモ書きを今週末ぐらいに書こうかと思ってたら、
昨日~今日のこのブログへの検索ワード上位に、

「土方歳三資料館」 「講演会」

と続いていたので、Σギクッ!(・口・;としました。

昔は講演会即日にレポを上げるのが普通だったのに今やこの体たらく。
最近どっか行ったりすると、すぐ疲れて寝てしまいます。老体め。


さ、いつものように記憶に残ったところだけメモぉ!!(…
今回は本当に宮古湾海戦をピンポイントした講演会でした。

ちなみに土方歳三資料館ショップでは、
講演会テーマの元になった?『宮古海戦を追え!』販売中です。



参加者は女性が多かったけど、男性も程よくいた感じ。
特に今回、船の構造だとか海戦の実況だとか詳しかったので、
幕末好きじゃなくても色々燃えるもんがあったんじゃないかと思う。笑

・宮古「湾」と宮古「港」では意味が違う。地元では宮古「港」。

・蟠龍は元々イギリス女王の遊覧船。だから速度が遅い。
・"回天"は速度が速い、と言う意味。
・高雄(アシュロット)が二番回天と呼ばれるのもそういう理由。
・高雄は製造過程や構造がよくわからない。
・なぜなら山本誠之助という人が秋田藩と偽って個人で購入したから。
・山本誠之助さんは天保13年生まれ、沖田総司と同い年。

・文久2年閏8月、幕府はアメリカに軍艦3隻を発注。
・でも届いたのは"富士山"だけ。
・キャンセル金50万ドルをストーンウォール購入金に回す。
・この購入交渉等をしたのが小笠原賢三さんや尺振八さん達。
・手付け金として3/4の代金を幕府が支払う。

・甲鉄ははじめ、南北戦争中のアメリカ南軍のために作られた。
・しかし出来上がった時には南軍の敗色が濃かったためデンマークへ。
・しかしデンマークも敗戦後で軍艦不要だったためフランスに返品。
・と思ったら途中でアメリカ南軍に取られる。
・スフィンクス→ステルコッダー→オリンダ→ストーンウォール。
・"ストーンウォールジャクソン号"とは全くの別艦。
・全てが鉄で出来ているわけじゃない。木造の鉄装艦。
・函館野外劇でも多額の予算で甲鉄型の堀舟を作ったらしい。すげえ。

・代金は幕府がほとんど支払っているのに局外中立は悔しいはず。
・代金の残り1/4は佐賀藩(官軍側)がアメリカに支払う。
・新政府がストーンウォールを受け取ったのは明治元年2月3日。
・↑『幕末の蒸気船物語』という書籍に唯一書いてあるらしい。

幕末の蒸気船物語 幕末の蒸気船物語
元綱 数道 (2004/05)
成山堂書店
この商品の詳細を見る


・丁卯、陽春、飛龍が宮古に着いた時刻はバラバラ。
・各自船将の判断で宮古に行くようにとの指示だった。
・旧幕軍の作戦は、第一に、甲鉄の第二砲塔を抑えること。
・甲鉄は砲門を開けなかったために海戦中、艦砲は使えなかった。
・ガトリング砲の存在を言っているのは安藤太郎の証言。
・安藤の証言が引用されまくったためガトリング砲の存在が広まった。
・だが当時の資料にはガトリング砲の存在は一切書かれていない。
・どちらの資料によっても"小銃"による連射だったらしい。
・平行接舷には失敗したが、目標の第二砲塔側に付けたので攻撃開始。

・宮古海戦後、回天の人員には室蘭に行っていた開陽船員を採用。
・艦長になった根津勢吉は、元開陽副艦長。
・『もしほ草』、『吉田顕三の覚え書』、『小野権之丞日記』。


※講演会中に『宮古海戦を追え!』を読んで気づいたこと。
・甲鉄奪取作戦会議の時、仲間外れにされたのは榎本さんだった!笑


うわー脈絡がなくてすいません…orz
土方歳三資料館で箱館戦争銘々伝上下巻とも買っちゃったv泣笑

箱館戦争銘々伝 (上) 箱館戦争銘々伝 (上)
好川 之範、近江 幸雄 他 (2007/07)
新人物往来社
この商品の詳細を見る

箱館戦争銘々伝 下 (3) 箱館戦争銘々伝 下 (3)
(2007/07)
新人物往来社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENTS

レポ、ありがとう!!最後まで頑張った、
蟠龍が元々イギリス女王の遊覧船だった、というのが凄い!


あるゆさん、こんばんは。

あるゆさんの講演会レポを読んでいて、わたしも聴きに行けばよかった!とかなり後悔しました。
甲鉄は元々アメリカ南軍が発注した船なのは知っていましたが、デンマークに売られかかったのは初耳です。

当時のアメリカ南部は農業中心で、軍艦を作れるほどの工業力がなかったので、フランスに軍艦を発注したと思うんですが、その辺りは横田氏は仰っていませんでしたか?
それからデンマークが関わった戦争は、時期的にいって、榎本さんが観戦武官として見学した戦争だと思います。
海外ネタになると、ついつい反応してしまうわたしをお許しください(汗)

>julesさん♪

そうなんですよッ
イギリス女王からもらったってのは前から知ってたんですけど、まさか遊覧船だったなんて…みつがすごいウケてました。笑

>まやこさん♪

ふおおおΣ(◎д◎)本当ですねッ
時期的に榎本さんが観戦していたプロシア・オーストリアvsデンマークの戦争でしょうね!元治元年の…。そこに甲鉄が間に合ってたら…くそう!デンマークがもうちょっと頑張っていればぁ!(言いがかり)
南軍がフランスに軍艦発注した理由は特に言ってませんでしたねー。でもまやこさんの言うように、北が工業中心、南が農業中心で、そこが奴隷制廃止賛成・反対の分かれ目だったと、昔授業で(笑)聞いたことがあるので、やっぱりそうなんじゃないですかね??テキトーでスイマセン^^;;

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)