スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治維新の対露外交に果した榎本武揚の役割

と、いうタイトルの、榎本隆充さんの講演会に参加しましたー☆★
講演場所は武蔵野大学でした。

まちさんとJR三鷹駅で待ち合わせして、
講演会後にまやこさん、はな。さんと合流してお茶しましたv
その喫茶店に大久保利通の御子孫、桐野利秋の御子孫、
薩摩藩主島津家の御子孫の方々が偶然いらっしゃいまして、
(3人で榎本武揚のことについて何か議論してらっしゃった…!!)
当人ではない、御子孫だとわかっていてもバクバクしてしまうわけで。

ちなみに榎本さんは講演後、風のように消え去られました。
8月5日には野外劇に御出演される榎本さん。頑張ってくださいッ!!
…あ、野外劇。私は金銭の関係上…断念、しました…はは、、orz

さてこっからは肝心の講演内容なんですが、
いかんせん私が明治以後の榎本さんに関する知識ほぼゼロなもんで;;

いろいろ間違って記憶してたらごめんなさい。

まず、講演会場はほぼ満席。年齢層高め。
教卓の両脇に榎本武揚特大ポスター(違)が貼られており、
生徒側から見て左側に蝦夷共和国総裁時代の、あの例の写真。
右側はロシア駐在公使時代と思われるコサック風(?)防寒服の写真。

写真のチョイスが素晴らしい!!笑

隆充さんもまさか先祖の特大写真が会場に貼られているとは知らず、
来てみたら貼ってあったのでビックリしたらしいです。


そんなわけで初っ端からテンション高めで講演会に突入。

【配布された史料】
・榎本武揚の一生概略
・佐藤泰然&榎本家のつながり家系図
・獄中で家族宛に書かれた手紙一部分写し
・明治天皇による対露特命全権公使任命の勅状写し
・写真&署名数点写し
・シベリア日記外装&内容一部写し
・榎本公使帰国の旅要図(シベリア横断時)
・シベリア馬車の絵


すいません、私あんまりメモとかまめに取る方じゃなくて。
いつものように記憶に残った部分だけ書きますね;;

・武揚が19歳の時、蝦夷地に行ったという公式記録はない。
・だが、堀利の私的な従者として行っていたのは、ほぼ間違いない。
・『旧幕府』などにそういった証言が載っている。
・武揚は自分たち幹部の命と引き替えに兵達を救うよう交渉した。
・黒田に送った『海律全書』は、オランダ留学の時に使用したもの。
・これからの日本には国際法が必要だと思った。
・その『海律全書』は現在、宮内省にある。今や国宝級の品物?
・実は榎本家にあったのだが、
 父親が「家に置いておくべきものではない」と、宮内省に進呈した。
・あのまま置いておけば国宝がうちにあったのに(笑)。
・関東では、新政府まで最後まで抵抗した武揚らはヒーロー扱い。
・東京の牢獄でも他の牢人たちなどから特別な扱いを受ける。
・獄中では死刑を覚悟していたので、家族への手紙などに、
 外国で学んだ知識を全て書き残そうとしていた。
・獄中で作った漢詩、「君恩」に「国益」とルビが振ってある。
・自分が外国で学んだ知識を日本のために使いたいという気持ち。

・新政府は、武揚らを処刑すべきかどうか国際上、悩んだ。
・黒田の助命嘆願、最終的には西郷隆盛の裁断で武揚らは釈放。
・日露交渉ができて、国際法を学んでいる者は新政府にいなかった。
・当時、外交官は皆軍人階級を持っていたので武揚も海軍中将になる。
・黒田が陸軍少将、川村純義も海軍少将。
・賊軍だった武揚が海軍中将になるのは特例中の特例。
・新政府の指示である樺太千島交換条約を見事締結させた。
・しかし国内でのこの条約の評判はあまり良くなかった。

・シベリア横断には私的な理由と公的な目的があった。
・鉄道、船、馬車を利用してシベリアを横断。
・鉄道や馬車は特別な手配を受けていた。
・旅費の13%がチップ代。
・武揚は8ヶ国語を使用してシベリア日記を書いている。
・日、中、露、独、仏、英、蒙、蘭。
・武揚の語学力は、子孫の私には何一つ遺伝しなかったようだ(笑)。
・強い蚊がいてどんな薬も効かない。「我、敗北せり」
・チュメーニの宿に評判の美人がいると聞く。
・美人は窓の外を通り過ぎるだけで自分の所には男の給仕しかいない。
・「不幸と言うべし。呵々」
・馬車の道のりはものすごく疲れたらしい。
・全行程1650km。
・シベリア住民の生活や文化が詳しく書かれていて貴重。


…これ、ぐらいかな?汗
とにかく、とても楽しい時間でした。第3回目も期待します!!笑
スポンサーサイト

COMMENTS

レポありがとうございます。

あるゆさん、こんばんは。
講演会の詳細レポ、ありがとうございます。とてもわかりやすかったです。第3回目もある予定なんですか?できたらずっと続けていただきたいですね。

講演後はまやこさん、はな。さんとお茶されたとか。うんとマニアックな話をされたんでしょうか。楽しそうでいいなー。機会があったらぜひ参加させていただきたいです。

榎本さんの特大ポスター欲しいです(^^)

>香音里さんvV

私こそッ講演会のお知らせ、ありがとうございました!!

いえ第3回目は私の希望で…笑。
アンケートに「ぜひ3回目も!」って書いてきましたヨvV

うわーご想像の通り、4人でかなりマニアックな話題を繰り広げてしまいました/汗。基本的に話題は"蝦夷共和国の今後について"でした。(末期!)本当に、機会があったときにはぜひぜひお会いしましょうね♪♪

記事違いますが、『箱館戦争銘々伝』のラインナップ、私の方も訂正しました^^本当に、一部以外マニアックな人選なんですね、ビックリします/笑。

先日はたいへんお世話になりました!
講演会も充実しておりましたが、その後のマニアックなお茶会
もたいへん楽しかったです☆

榎本さんの特大ポスターは、大きすぎて照れちゃいました(爆笑)。
もしかして毎回、大久保利通でも島津さんでも
あんなにデカイポスターを用意されているのでしょうか♪
ただ拡大すればするほど、蝦夷での釜次郎さんの分け目
のカテリがハゲにみえて哀しいかもです(笑)。
(わたしの友人はあれはハゲだと決めてかかっております(涙))。

>はな。さんvV

楽しかったですねーvV
完全にノンストップでしゃべってましたよね私たち;汗。

榎本さんのアレはハゲじゃない…!!ハゲじゃないのに!!
江戸時代の男の証…月代!!(じゃないのかなあ/ザ適当)

あるゆさん、こんばんは。
遅ればせながら、先週はありがとうございました。
こちらで講演会の土曜開催を知ることができましたし、講演会の後には、はな。さん、まちさんに初めてお目にかかることができたので、あるゆさんには本当に感謝感謝ですvv
またマニアックに語り合いたいです(笑)

昨日は円通寺にお参りしてきました。
蝦夷共和国メンバーの追悼碑が建ち並ぶエリアは壮観でした…

>まやこさん☆

こちらこそありがとうございましたー!
会場に入った瞬間にまやこさんを発見してしまいました(笑)。
またいつでもマニアックに語り合いましょう★★笑笑

円通寺はすごいですよね、
私も一度だけ行ったことありますが、あれほど蝦夷共和国メンバーが集められている場所はそうそうありませんよね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。