そうだ蝦夷地行こう:川汲温泉"鶴の湯 山中旅館"

温泉つながりで川汲~。去年9月のレポです。一応函館市内。

鷲の木上陸後、土方さん率いる間道進軍が泊ったと言う川汲温泉
当時は"鶴の湯・山中旅館"と言われていたそうです。
リンク先の地図で見てわかるとおり、むっちゃ山ん中です。

川汲温泉ホテル

函館維新の会さんが書いた説明板と慰霊碑があります。
そ、そんな会があったとは!!

川汲温泉碑

__京都新選組の副長だった土方歳三は、額兵隊、陸軍隊など五百余名の大隊長として鷲の木から鹿部、川汲を廻り五稜郭へ進撃するためにこの温泉場に着いた時、峠に布陣していた箱館府兵隊と戦いこれを撃退した後、峠に警備隊を残して引返し本隊をこの温泉場に野営宿泊させた。
土方歳三はじめ額兵隊長星恂太郎、陸軍隊長春日左衛門ほかの幹部たちは、当時鶴の湯山中旅館といわれたこのホテルに泊り入浴し、野営の兵たちも交代で入浴、雪中行軍の疲労をいやした後、翌朝五稜郭へ向けて出発した。
時に明治元年旧暦十月二十四日、当時の旧道は下の川向いに残っている。

   昭和五十八年十月十日  函館維新の会



土方さんと星さんと春日さんが一緒に風呂に!
すげぇな川汲!Σ( ̄口 ̄*
この時は通っただけでしたが、絶対いつかここに泊まろうと決心。

ちなみに川汲峠には、土方さんが作らせた台場跡があるらしいとか。
スポンサーサイト

COMMENTS

土方歳三温泉・・いえ、進撃ルート。

何度か日帰りで行ったことあるのですが・・・・
静かなトコです。
でも、川汲と言えば昆布のイメージが・・・。

函館市内(新エリアも含む)は本当にお勧めの温泉が多いです!

>高松飛鳥さん☆★

土方歳三温泉…ッ!!
何ですかそれ!!効能が気になります…ッ!!(ヘンタイめ

川汲と言えば昆布なんですか?
日帰りで行けるなんて羨ましい~車で峠ぐるぐる登っていったので、目が回りました。(笑
北海道、特に道南?なんでしょうか??温泉が多いですよね~vV

あるゆん
川汲の台場跡は、すごい山の上にあって、現在普通に立ち入ることができなかったと思います。確かNTTかなんかの鉄塔の整備点検にいくための特別な道から上っていくんじゃなかったかなあ。
ウチもここに立ち寄りましたが、温泉セット(着替え含)をホテルに忘れてしまってお風呂に入れませんでした。クヤシー!

>ままこっちさん★

そうらしいですねー;;
うちら、せっかくだから行こうぜ!てなって、ホテルの人に台場跡への行き方を聞いたんですけど、「無理だよ」って即言われました。笑
整備点検の道…それってきっと関係者以外立ち入り禁止的な道っぽいですよね?汗。うわー…そんなとこにどうやって台場作ったんだ…

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)