Tokyo新選組er:釜屋跡

品川の「釜屋」跡に行ってきました。
最寄駅は京急線青物横丁駅。徒歩5分ぐらいだったと思う。
鳥羽伏見の戦いに敗れて江戸に戻ってきた新選組が泊まったとこです。
今はなんかマンションになってる。旧東海道沿い。

釜屋跡地

慶応3年10月21日に、土方さんは新入隊士たちと共にここで休息し、
慶応4年1月15日以降には、新選組の滞在場所となったそうな。

十月二十一日、夜の明けるのを待って、牛込廿騎町の近藤邸に集合しここから一同揃って出発した。土方先生も歩いて行きました。秋晴れというのか、拭うたような空で、われわれは立身出世が眼の前にぶら下ってでもいるように浮々して歩いたもんです。

荷物は一切取纏めてそのころ瀬戸物町にあった飛脚屋へ預け、一同着のみ着のままに、脚絆草鞋の身軽、元気なものでした。品川の「釜屋」という旅宿でその日の中食、酒は出しませんでしたが、中食だというのに刺身や何にやかや、三四品の肴がつき、贅沢なものでした。

  
※子母澤寛『新選組物語』所収「新選組聞書-稗田利八翁思出話-」より


新選組物語―新選組三部作 新選組物語―新選組三部作
子母沢 寛 (1997/02)
中央公論社
この商品の詳細を見る

------------------------------

ここは幕臣ご用達のお宿だったようです。
永井尚志さんとかの宿泊記録も残ってるそうですよー。

釜屋跡碑

案内板はこんな風になってる。土方さんーッ!!( ̄口 ̄*vV
平成8年9月29日設置。大河ブームになる前からあったってことですね。
ちなみにこの「誠」の字は、土方家ご子孫土方康氏の字です。

品川寺

釜屋跡のすぐ向かい側には品川寺(ほんせんじ)が。
当時からあったお寺です。なんか修復中でしたが間違いなく品川寺。
スポンサーサイト

COMMENTS

あるゆさん、こんばんは。

釜屋跡と品川寺に行かれたのですね。
品川寺の大銀杏と六地蔵はきっと土方さんも目にしていたでしょうね。
ここは、わたしの母方の祖母が眠っているお寺の近くです。(同じお寺に岩倉具視と松平春嶽が眠っています)
去年のお彼岸に、祖母のお墓参りをした後、釜屋跡と品川寺に寄りました。
でも、新選組に興味を持つ前は祖母の眠るお寺の近くに、新選組ゆかりの場所があるとは全然知りませんでした。

話変わりますが、来週末にまた函館に行きます。
冬の北海道に行くのは初めてなので、楽しみです♪

>まやこさん★

こんばんわー(^口^/

そうそう、街中の地図を見たとき、松平春嶽さんのお墓気になったんですよねー。友人との待ち合わせ場所とは反対方向だったので行きませんでしたけど。
私も新選組ちゃんと知る前は、日野が土方さんの出身地だって知りませんでしたからー。友人の家に行くのに何度も通ってたけど、まるっきりシカトでした。笑

えー!!!!!函館に行くんですかーーーー!!!!!いいなー!まやこさんいいなー!
ぜひ私の分も楽しんで来てくださいねー!!!!!★(゜∀゜*

横レス・・

まやこさま!!!
函館、全く雪がないです・・五稜郭青々としてます。とても冬らしくないです。でも、2月中なら五稜郭光ってます。
雪ないから回りやすいと思いますが・・・楽しんで来て下さいね!!

>あるゆさん
再びこんばんは。
松平春嶽と岩倉具視の墓は、非公開なんです。
松平春嶽(一族)の墓は一般人のお墓のあるエリアと接しているので、何とか垣間見ることができますが、岩倉具視の墓は完全に別格扱いで、一般人エリアとは離れた区画にあるので、全然見ることができません。
松平春嶽と岩倉具視の墓だけなく、その他のお墓も部外者の墓参は原則お断りのようです。
なので、土方さんのお墓にお参りできて、本当にありがたいと思います。

函館、あるゆさんの分まで楽しんできますね!

>高松飛鳥さん
初めまして。この度はレスありがとうございます。
函館は雪がないんですか…
歩きやすいのは助かりますが、この冬、東京では雪が降っているのを一度しか見ていないので(それも一瞬です)、函館で雪を見られたらと思っています。

>高松飛鳥さん、まやこさん

雪がーないらしいですねー;;
2月中なら五稜星の夢ver.五稜郭が拝めるんですよね☆
でもせっかくなので、近日中に雪が積もる、もしくは降ることを祈っています。

岩倉具視さんのお墓は入れないんですかー。ふーん…笑/興味薄。(コラ)
松平春嶽さんのお墓のように、やっぱり関係者じゃないと墓参禁止みたいなとこいっぱいありますよね。京都の光縁寺もファンの参拝を断る?状態になってしまったと聞きました…どうなんだろう。沖田さんとこみたいに、山南忌のときだけ参拝できるって形になっちゃうのかな。土方さんのお墓にいつでもお参りできるのは本当にありがたいことなんですよね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)