スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"戊辰戦争-2006年春上野不忍池ホテルにて-"

――っていう舞台を今日、みつと観に行ってきました。

舞台戊辰戦争

いやーコレねーてっきり時代ものかと思ったらめっさ現代もので、
ポスター的に薩摩が中心ぽいから土方さん出ないかもなと思ったら、

めっさ出てた。笑

榎本さんも名前だけは何度か出てきた。
大鳥さんや太郎さんは名前すら出てこなかったねー。ああやっぱり。

《メイン登場人物》
河合愛子 …主人公。会津出身の女性。土方歳三ファン。
河合継次郎 …愛子の父。河合継之助の子孫。
射手園隼人 …愛子の婚約者。薩摩出身の男性(西郷隆盛似)。
射手園昇平 …隼人の父。
木戸充 …隼人の師匠(ラーメン屋の)。長州出身の男性。
加太民夫 …結婚式場の副支配人。彰義隊隊士の子孫。

土方歳三 …愛子のゴースト(妄想?笑)。幕末エピソード説明役。

内容はですねー、キャスト見てわかる通り、ロミジュリみたいな?
嘘、すいません、例えが良すぎました。
えーできちゃった結婚することになった愛子と隼人がですねー、
戊辰戦争で仲が悪くなった薩摩と会津の出身同士だと。
それで親同士がゴチャゴチャ揉めたり認め合ったりするわけです。

幕末当時のエピソードは劇中劇として紹介されます。
愛子が土方さんの話を聞いて歴史の出来事を記録していく設定。
土方さん、超ノリノリで語ってくれます。
ちゃんと美形の人が演ってて見目良かったですv笑
ちょっとホストっぽい感じ?ノリが軽いんですよ。新鮮な土方さん。
「どう?できたか?」って聞いてきたり、
勝手にカラオケセットのマイクいじくってみたり、
「戊辰戦争が映画になったら、
 土方歳三は誰がキャスティングされるんだろうな~」
なんて言ってみたり、
最後、成仏(?)しちゃう時の言葉は「バイなら☆」ですよ!?
どんだけ軽いんだよこの人!!笑笑てゆーか寒い!!笑
でもこんな土方さんもイイよね…vV(´人`* ←こいつは…

土方さん役の人、説明台詞ばっかで覚えるの大変だったろうなあ。
つうか説明役に甘んじてる土方さんてのもなんか可愛かった。
↑結局ソレか。

劇で面白いのは愛子父と隼人父の言い争いかな。
年配の方独特なしゃべりでどんどん長話になっていっちゃうんだよ~。

タイトルだけ見てチケット買うという暴挙でしたが楽しめました♪
スポンサーサイト

COMMENTS

コメントを拝見する限り、シリアスな歴史物というよりもコメディチックな舞台のようですね。

>nagao_eijiさん

そうですね、まごうことなくコメディです。笑

たぶん脚本家さんは歴史について一応詳しく調べて書いたんだと思うんですが、キャストさんが付いていけてないところがチラホラあって、年号が入り混じっちゃってたりして大変そうでしたヨ^^;
歴史ものッて、キャストもある程度勉強しとかなきゃわからない言い回しとかあるから難しいですよね~。

あるゆん
こ、これはこの前私が観に行った「破無礼」とある意味カテゴリは一緒、の芝居ですな・・・
あるゆんとみつに「はなさかづき」を観ていただきたかったですよ、ホント。。。(号泣したぜよ)

>ままこっちさん

ままこっちさんお勧めの舞台があったんですね~
この「戊辰戦争」、みつの友達が偶然ポスター見つけたとかいう縁で見に行こうかッてことになったんですよ。
土方さんや新選組が主役の劇、幕末を舞台にした劇とか、探せばいっぱいありそうですね。

なかなか当たりを見つけるのは難しかったりして…笑

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。