スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ京都行こっ:御香宮神社

慶応4年1月3日、鳥羽伏見の戦い。
薩摩藩兵らがこの御香宮神社に布陣し、幕軍陣営の伏見奉行所などを砲撃。
御香宮神社の方が高台に位置していたため有利だったとか。

御香宮神社

安産と子育て祈願の神社だそうですよー。

境内に、時の首相佐藤栄作による解説版があるんですが、
そこにちゃんと「土方歳三率いる新選組が応戦し――」って書いてあったv
幕軍はできれば戦闘は避けたいと思ってたみたいです。

●永倉新八伝記『新撰組顛末記』より
(伏見)奉行所へも十発ばかりの砲弾が飛んできて、集会所の屋根へ焼弾や破裂弾がこもごもみもうて危険となった。副長の土方歳三はもはやこれまでと隊士を広庭に集めて応戦の令をくだす。



伏見奉行所には新選組だけじゃなく会津藩兵や伝習隊もいて、
久保田備中守率いる伝習隊らが善戦して薩長軍を墨染まで撤退させた、と。
でも本陣だった伏見奉行所が焼失してしまったので、
伝習隊長の竹中図書頭重固が撤退を提案して淀へ撤退したらしい。
…伝習隊…大鳥さんはこの時何してたんだろ…江戸?江戸にいるのかな?
大鳥さん、日光方面で戦うまで実戦経験無いんだっけか。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。