スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流山市立博物館

以前流山市で行われた伊東成郎先生の講演会に行って来たと言いました。
もういつ行ったかすら忘れましたが(おーい)徐々に記事にします。
とりあえず今回は講演会が行われた場所をご紹介。

流山市立博物館


流山市立博物館です。中央図書館と一緒になってます。
→地図はコチラ

流山市で言うとアレです、これが今のところ新選組資料館です。

- - - - - - - - - -

えと…メモが行方不明になったので微妙な解説になりますが(おい)、
今この流山市立博物館に展示されている展示物はわずかです。
注目株は「恩田家文書」。2003年に発見されたという新資料です。
どっかの本では「流山日記」として紹介してあったような…??

恩田家文書には、流山にいた新選組がどういう状況にいたか、
また新政府軍がどういう布陣で新選組を取り囲んだか、
新選組が新政府軍の奇襲にどう対応したか、みたいのが書かれてまして。
あのほら、流山で新選組は何の抵抗もできずに包囲されたっぽいですが、
この文書によるとそれなりに小戦闘が起こってたらしいんですね。

もうちょっと検討の余地があるみたいな事を関係者が言ってましたけど。
まだまだいろいろ出てくる可能性もあるみたいです。た・の・し・みv
博物館では流山市出版の研究本とか新選組本とか買えます。
これからどんどん出版されるといいな~と思いつつ記事を終えてみます。

…京都レポを書けるのはいつの日か/笑。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。