スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新選組!!土方歳三最期の一日』

もー乱筆乱文どころじゃないと思いますけど、
私の表現力なんてしょせんこんなものさ。表し切れません。
あえて一言で言うとしたら…とずっと考えてました。
どう言えば一番伝わるのか今だによくわからなくてダラダラ書いてますが、

一言で言えば、

感無量。

これ以上やられたら私、確実に死にます。
というかもう、開始5分も経たずに許容量オーバーでした。
自分、許容量ちっちゃ!いいよ、もう。何もかも小さいんだから今さら。
まだひきずってます。ズルズルひきずってます。
♪た~ららた~ら~た~ららた~…て音楽が頭から離れません。
3日に見て、今日、もう1度見直しました。そして母さんを交えてもう1度。

…私を殺す気か。
なんつうんですか、1度目はね、頑張って見たんですよ。目の穴かっぽじって。
1分1秒たりとも見逃しちゃいけないと思って。大事に大事に見ました。
目も耳も全神経集中させるために、携帯の電源も切り、
母さんに夕食ができても知らせに来ないよう言い聞かせて、
それでもあんまり構えて見るべきじゃないなと思って父さんとしゃべって、
始まった時も、「あ~始まったよ~♪」とか気楽に言ってました。

そしてすぐに許容量オーバーに。ずっとアップアップでした。
でも泣くと涙で画面が見えなくなるので、どうしてもそれは避けたかったので
必死の思いで我慢しつつ、ずっと土方さんを見てました。
一瞬たりとも土方さんを見ていない時はなかったです。見させてくれた。
ずぅっと土方さん土方さん土方さん土方さん土方さん土方さん土方さん…
…いやね、そりゃ山本耕史さんですよ、土方歳三を演じているのはね。
山本耕史=土方歳三だなんて、ハナっから思っちゃいませんし、
耕史さんも思っちゃいないでしょう。私はそう思います。
でも、土方さんじゃないですか、彼は。画面の中で土方歳三じゃないですか。

見直した時にも思いましたが、本当に、どこ見ても、土方さんなんです。
アングルが変わってまた土方さん、場面が変わってまた土方さん、
土方さん自身が映ってなくても土方さんの話がされている状態です。

な ん だ こ れ は。

う れ し す ぎ る。

土方歳三オンパレード。そりゃそうだろ、土方歳三が主役なんだからって?
そうですか?そんなもんですか、主役って。
愛され過ぎじゃないですか?照明さえ違うぜ?かっこ良過ぎるぜ?
かっこ良すぎるだけじゃねぇの。表情がすごいの。生きてるの。
土方さんが、画面の中で確かに生きてるの。

ばっか、これ書いてたらすげー涙出てきたじゃねぇかバカ野郎。
ひどすぎる、ひどすぎる、こんなのひどすぎる。しっかりしろ、自分。
しっかりしろーーーーーーーーーーーーーー!!!
あー!もーダメだ!マジすいません!もう死ねばいい自分なんて!
ごめんなさい、もう痛い発言とか、人目とか気にしませんから。
不快に思ったら速攻ブラウザ閉じてください。私はどーしようもできない。
3回見て、3回とも大泣きですよ、ノド痛ぇよ。正月からどうしてくれんだ。
止めてください、誰か。泣き過ぎて頭痛いんです。
母さんが冷静に見てくれるかと思ったら母さんまで泣きやがりました。
さすが親子☆あはは、でも父さんは泣きませんでした。この野郎☆泣きやがれ

1回目は衝撃が多くて、一泣きした後なんだかホケーとしてしまって、
土方守衛隊のチャットで皆とEROトークしてました(笑/バカ)。
ホントは新選組!!について語る予定だったんですけど、出て来ないんだ言葉。
なんだかよくわからない衝撃が強すぎて、何を言っていいやら、みたいな。

痛い事言います、ものくそ痛い事言いますよ、いいですか。

土方さんの生きてる姿が見られて嬉しかった。
土方さんがたくさんしゃべってくれてて、たくさん動いてくれてて、
それだけでもかなり大満足なんです。よくわかんないけどすいません。

土方さん、大好きだ。

なに七重浜の襲撃に参加しちゃってんの、
なに榎本さんのこと近藤さんに重ねちゃってんの、
なに永井さんに説得されて泣きそうになっちゃってんの、
なにヌエって。ヌエそんな好きか。ヌエがそんな好きかぁぁぁぁぁ!!!
大鳥さんいじめて楽しいですか。よしよし島田さん、いい子にしててね。
市村、行け。土方さんの思いを日野に届けろよ。さぁ走れ!!
ああ、最後の広い空がいいなぁ。あの空はずっとずっと広がってるんですよ。
今私達が生きている現代まで、あの空は広がってるんです。

あの戦争があって、土方さんが死んで、今の時代があるんですよ。
その時代で私達は生きてるんだ。
土方さんが死んでいった、この日本で。

土方さんも、榎本さんも、大鳥さんも、もういないけど、
このドラマの中で、3人はちゃんと生きていて、いろいろ考えてて、
それは島田さんにも、市村にも相馬にも言えることなんですけど、
みんな生きていて、しゃべって、笑って、泣いてたんですよ。
時にはくだらないこと言い合ったり、真剣に語り合ったりしながら。

そして土方さんは、間違いなく箱館戦争で死んだんです。
土方歳三として。最期まで、土方歳三として。
あぁー何言ってるか自分でもわからねぇよ。
でもぶっちゃけわからなくていい。わかるとかわからないとかどーだっていい。
とにかく土方さんが好きだ。大好きだ。
いいんです、事実がどうとか、演出がどうとか、
こんな事言うと怒られるかも知れないけど、マジどーだっていい。

土方さんが生きてたから。

て…すいません、やっぱビビリなんで言い訳しときますと、
あー確かにあそこは…とか、こーすればこーだったかも知れない、とか、
そんな風に思った場面はありましたよ。
でもでも!!いいの!!私はそれでいいと思ったの!!
三谷さん、役者さん、スタッフさん達の全力を感じたの!!マジで!!

それぞれの土方さんへの愛をすっげぇ感じたの!!

それが嬉しくてしょうがねぇの!!
行き過ぎちゃった愛もそれはそれで嬉しいの!!

腹部撃たれた後、もう一度立ち上がって敵切り倒す場面も、
「新選組副長、土方歳三」と言い放つ場面も、
ありえねぇー!!とは思いつつ、もうすっげぇ嬉しくて仕方ねぇの!!
どうしようもねぇの!!もうダメなんだよ、皆のめり込み過ぎちゃってて!
どーしてももう一度立ち上がらせたくって、
どーしても「新選組副長、土方歳三」って言わせたかったんだよ!!
ホント、ダメなスタッフばっかりだよ!!
誰も冷静に突っ込む人がいなかったんだよ、しょうがないよ!!
バカだ…!ホント、バカなドラマが出来上がってしまったよ!!
のめり込むのも大概にしとけよバカ野郎!!あははははは!!

もうダメです。きっと何度見ても泣きます。
土方さん土方さん土方さん土方さん土方さん。
ありがとうありがとうありがとうありがとうありがとう。
ありがとう耕史さん。そしてありがとう三谷さんとその仲間達(こら/笑)。

…今回はこのへんで終わろう(今回!?)。
あ、ちなみに私、7日の再放送もガッツリ見る予定ですから。
はぁーしゃべった、しゃべった。まだしゃべりたりねぇよ(えぇー;)。
スポンサーサイト

COMMENTS

青春の終焉

あるゆさん、大丈夫ですか?って、大丈夫じゃないですよね、間違いなく。
いやー、キツかったキツかった、3日は。総集編3部作から一挙だもん。
実は、私は1日の放送をみて「はあぁ?なんすかコレー、いったい誰のお話?」ってのが直後の感想。開始直後はウルウルしたけど、終盤になるにつれて全然泣けず。だってほら、突っ込み所が(以下略)
でも、数時間後です、突然オイオイ泣き出しちゃったのは。
土方さんがいない!土方さんがいない!この宇宙のどこを探しても、もうあの人は存在しないのだ・・・こんな言葉が繰り返し繰り返し脳裏をよぎるんです。
たぶん、その喪失感を直視できなくて、「誰のお話?」なんて思ったのですよ。現実逃避です。認めたくなかったのです。
思えば、長い夢でした。「青春」という名の夢を、04年終わり頃から(注・私が「組!」ファンになったのは最終盤)ずーっと見させてもらいました。「新選組!」という名の、美しい青春の夢を。
その夢の中では、確かに「生きてる土方歳三」が存在していました。こうずぃは、現在進行形で存在する土方歳三そのものでした。
まっすぐなトシ。不敵に笑うトシ。かっちゃんのためには、火の玉になるトシ。総司にバレバレの素直なトシ。青春真っ只中にある、バラガキのトシ。
逝っちゃったね、トシが。もう二度と還ってこない。美しい夢を道連れに、風のように去っていった。
今日、新聞記事の中に、いい言葉を見つけました。作家の恩田陸さんの言葉です。
「青春時代は必ず終わる。青春の終焉を描くのが、青春文学」
三谷さん、きっちり「青春の終焉」を描ききってくれましたね。

・・・ああ、これがこうずぃ以外の役者さんなら、これほどじゃないのに。
これまでも、伝説の栗塚旭さんとか、渡哲也さん(「五稜郭」)とか役所広司さん(リメイク「燃えよ剣」)とか伊原剛志さん(TV版「壬生義士伝」)とか・・・最期の場面には泣いたけど、あんまり衝撃じゃなかったのに。
こうずぃ、あんたはまるで殺し屋。

>一人虫さん

コメントありがとうございます。
そうですね、やっぱり思い入れが強いから、みんなそれぞれ考えること、感じることは違ったと思います。批判も愛ゆえだし、拒否反応も愛ゆえだと思ってます。
いかに土方歳三をかっこよく描くか、いかに土方歳三を生かすか、それがこの『新選組!!』に携わったスタッフ全員の、課題というか目標というか、そんな精神だったと思うんです。演出についてはいろいろ好みも分かれてしまうと思いますしけど、私的にはグッジョブでした。三谷さんの、一つ一つのセリフを、耕史さんはじめ、愛之助さん、満さん、昭英さん達もみんなとても感情を込めて言ってくれてたと思うんです。
カメラワークも、練りに練って考えたと思うんですよ。いろいろな角度から土方さんを撮っててくれて、音楽もすごく効果的に使ってたと思います。て、このままたぶんしゃべってると、めちゃめちゃホメちぎりまくっちゃうんで、このへんで/笑。確かにツッコミどころはありましたよね/笑。

生きてる歳三、ていうのは、もうどうあがいても、こういったドラマでないと見られないわけじゃないですか。それを耕史さんは、大事に大事に一つ一つ演じてくれてたように感じたんです。耕史さんが言っていた、「演じたと言うよりも生きた」という言葉が、すごくわかった気がしてます。生きてました。すいません、のめり込み過ぎと言われるかも知れませんが、確かに、生きてました。生きてる土方さんを見ました。最期の最期の死ぬ瞬間まで、土方さんは生きてました。…しつこいですね、すんません/笑。でも死ぬ時は土方さんたりとも一瞬なんです。人間はたやすく死ぬんですよ。一発撃たれて立ち上がったのは、もう三谷さんやスタッフの願望としか言いようがありません。立ち上がらせたかったんですよどうしても。ボロボロ泣きました。立ち上がらせたかった皆の思いに、ボロボロ泣きました。こんなに愛されてるんだ、と思って。嬉しくて嬉しくて。本当に、もう…どうしようもないぐらい愛してる。痛すぎです。こんなに愛されてるドラマ見たことありません。

まだ全然冷静じゃないです。
後で冷静になった時にこのコメントとか記事とか見て、すっげー恥ずかしい思いするかも知れませんけど、耐えます(笑)。

「殺し屋」っていいですね(笑)。栗塚旭さん、渡哲也さん、役所広司さん、伊原剛志さんの土方さんはちょっとしか見たことないので、これから機会を作って見ていきたいですvV

あるゆさん(すでに泣いてる!)わかりますよ!書いてたら涙出てくるんですよね!うう~(泣)
私もあるゆさんに便乗して、感無量です。
っというか、うまくあれに感想をいえなかったので、こちらで感無量!っと拝見したら、それだ!!っと(笑)すみません~(うう~泣)
もう!大好きだ!ですね♪
すばらしかった!もうたまんね!なんか島田さんが少し大河とはキャラが違っていましたね!そこもいい!

も~語り尽くせないほどの、ありがとう!をもらった気がします!うう~。。。

あ、そうだ!(早!)
もしよろしかったら、うちのブログの柱にこちらのブログをお気に入りに入れてもいいでしょうか?
いつでも遊びに来れるように!NGだったら言ってください!!

では!今年もどうかよろしくお願いいたします!!

私には、ダメでした。

釜ファンのあるゆさんにはサイコーな作品だったかな。。
でも歳さんファンの私としては「・・・」でしたよ、正直。
あのドラマを見てますます釜さんの魅力に取りつかれました。らぶりんすごい!素晴らしい!
しかし、あのケースケはどうなんでしょう。当日ケースケあの時間にはもう出陣済みで五稜郭にはいなかったはず、あれれ・・・?
了介の名前が出たのと、最期の台詞「新選組副長」は勘弁してー!と思いました。燃え剣そのまんまじゃないですか。
何だかもう。討つべきは了介じゃなくて市ィでしょー!総参謀だもん。その程度はひねって欲しかった。あれではパクリと言われても仕方ない。やはり司馬遼はスゴイ、ということなのでしょうか・・・

>彩さん!!涙

うわーん!!彩さんコメントありがとうございます!涙涙
彩さんのブログでの感想見ましたぁ!彩さんの気持ち、すごい伝わってましたよ!!私なんてただゴチャゴチャ書くことぐらいしか思いつかず…!!涙
もう、ホントやばいのに!!(笑)

えぇ!私こそいいんですか!?と聞きたいですよっ;もちろんOKですっ!私も彩さんのブログ、リンクに加えさせてもらいますネ☆

今年もよろしくお願いします♪♪

>ままこっちさん

ままこっちさん、私も土方さんファンですよ;
勘弁してください;;

もうアレなんですよ、三谷さん含め、耕史さんも、スタッフの人達も、時代考証家である山村竜也さんも、お気づきの通り「理想の土方歳三」にどっぷりなわけですよ。史実なんてほとんど考えてませんて/笑。「新選組!」もそんなノリだったじゃないですか。全然史実じゃないじゃないですか。

私はそれならそれで、それに全力を尽くしてくれればイイと思ったんです。三谷ワールドで貫き通せばいいと思ったんです。新選組!!はカンペキな三谷ワールドだったと思います。

だから土方さんへの思い入れが強くて、さらに史実にも詳しいままこっちさんにとっては「はぁぁ?!」みたいな、すごい残念な結果になったんじゃないでしょうか。

>あるゆさん
ううー・・・(涙)オトナだなあ、あるゆさん。もう泣いちゃってますこの時点で。ありがとう。温かいコメント本当にありがとう。。
今日の記事で「皆は気に入っているのに、自分は何故ダメなのか」が少し整理できたので書いてみました。アンチじゃないんだけどな、分かってくれるかな・・・

>ままこっちさんv

お、おおおオトナじゃないですよぉぉ…/汗。
えぇっと…ど、どういたしましてっv(調子乗んな)

記事読みましたよ!
ままこっちさんがアンチだなんてちっとも思ってませんって!
むしろ私なんかよりずっとずっと思い入れが強いですよ/汗。
新選組!!に関しては残念でしたけど、めげずに「歳さん」をこれからも追い続けていきましょう♪っ ̄▽ ̄っ♪

あるゆさん!そげな!(汗)いいんですか!ありがとうございます~★リンクに入れていただいたからには、恥じないように頑張ります!(なんだそら)
私もこの記事をTBさせていただきたいです~♪よろしくお願いいたします~!!ぺこリ

皆さん、やっぱり「新選組!!」には思い入れがあって、いいですね!私も大河は終わってしまいましたが、
これからも史実を調べまくりたい!っと思います!!頑張ります!(勝手な気合)
ではこれからもどうぞよろしくお願いいたします~!

>彩さんv

私もガンバリマス!!笑。TBありがとうございますvV

そう、組!!は終わっても史実は終わりませんからね!
今年は忙しくなるので、どうなるかわかりませんが、時間が許す限りガンガン追究していきたいです☆
こちらこそよろしくお願いします♪♪

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新選組!!

ちょっと真面目に書きますよ。すばらしいものをもらった。「新選組!!土方歳三最期の一日」見る前からすでに、自分の中で何かがザワついているがわかった。総集編3、何度も見ている最終回の勇さんのセリフ「…歳」で組!!を見るモードに完全になっていた。うるう....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。