スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

榎本武揚の妾宅:結果発表

12月4日、前回に引き続き箱館戦争研究家の横田淳先生の講演会に行って来ました。
場所は同じく東京都日野市、土方歳三資料館。
非常に密度の濃い講演会だったと思います。横田さんに感謝!!涙。
ま、詳しくはまだ書きません。すいません。

まずですね、前に宣言した通り、聞いてきました、総裁の妾宅について。
聞いておどろくなかれ。

横田さんは10年以上前にその妾宅へ行ってました。

あっはっはっはっは!!笑。何が「最近」だよ!!ってね!?
知ってる人はもうとっくに知ってた話のようですねぃ。
四稜郭よりももっと内陸に入ってった、田舎の納屋みたいなとこだそうで。
どこだっけな~…ゲンガワ町?とか言ってたかな~…汗。

てゆか、田舎ってあたりがとても「隠れ家」っぽい…笑。

とはいえ。
あくまでもやっぱり伝承だそうです。
別に榎本さんが愛人に送った手紙が残ってたりするわけじゃぁないみたい。
その家かその付近に伝わってる話なんだそう。
でもおそらく蝦夷共和国時代の妾宅であろうと言うお話。

総裁、ギリギリセーフか!?いやアウトか!?笑。
横田さん、なんか急に変なこと聞いてすみませんでした/笑。
とりあえず「そういう話がある」ことだけは確かでしたとさ☆
こんなもんさね~。
スポンサーサイト

COMMENTS

榎本総裁、再び!

なにゆえ我輩に関しては、このようなトホホ伝承ばかりなのかね?いささか不公平ではないか、土方君とはあまりに違いすぎるぜい。
まったく土方君ときたら、「松前藩主の奥方を助けた」だの「死ぬ前に大野町の民にツケを返した」だの、格好の良すぎる話ばかりではないか。
言っとくが、どちらもただの伝説でい。特に大野町のツケは、明治もずっと後になってから、他ならぬこの我輩が返しに行ったのだぞ。・・・い、いや実は、土方君が亡くなる直前に、我輩に託していったのだがな、「俺にもしものことがあったら、榎本さん、あんたが大野の民に金を返してやってくれ」とな。
そ、それにしても、金を払ったのは我輩なのだぞ。それがなんだって土方君の美談になるんでい!どこまでも美味しいとこ持って行きおって。
挙句に、土方君が嘆き悲しんで松の木を叩いたら、幹がぐにゃりと曲がっただと!伝説とはいえ、限度ちうもんがあるだろうが。モーゼかキリストかい、土方君は。
・・・え?我輩の妾宅・・・?い、言っとくが、我輩はこう見えても土方君より年下なんでぃ!血の気は多いんでい!だからその・・・

申し訳ありません、榎本総裁との交信は途絶いたしました。
なお、「土方歳三・ツケ清算伝説」につきましては、榎本総裁が明治後年に大野町に現れて確かにお金を払っていったそうです。(大野町郷土史)

あるゆさん
9月に函館に行った時に、四稜郭の周りを車でうろうろしましたが、確かに隠れ家にはぴったりの雰囲気が・・・(笑)
実は歳三の宿、にもおもしろいことがありまして、有名な「丁サ跡」は佐野左衛門のお店、でその近くに左衛門の広大な屋敷跡もあり、どうやらそちらの家、にいたのではないか???という説もでてきました。
調べると本当にいろいろでてきますね!想像するだけでも楽しいです。

>一人虫さん☆

まぁ!!釜様がまたしてもご降臨を!!∑( ̄□ ̄*ゝ
伝説おもしろいっっ!!爆笑。嘆きの松があんなに曲がってるのは土方さんのせいなのですか!?おもしろ過ぎるっ!!なんかあの松曲がり過ぎてるから、余計におもしろい。あそこまで曲げること無いのに土方さんたらっっっ!!
捨てる神あれば広う神あり>_<☆榎本さんもちゃんと調べてあげればイイ話があるんですね!!笑。なるほどォ、ツケ清算は総裁の仕事でしたか。一人虫さん!新情報ありがとうございます^0^♪♪
実はこの総裁の妾宅の話、最初は「土方さんの妾宅」って伝わって来たんですよ/汗。だから「えぇ~!?"女を近づけず"とか言われてんのにちゃっかりィ!?もてる男は辛いナァ!ゝ ̄□ ̄;ゝ=3」と一瞬思ったもんです…。
榎本さんと土方さん、他にも間違われちゃってる事ありそうですね。案外松平さんとかだと名前知られてないから土方さんにされちゃってたりして。その逆もありそうですよネ ̄~ ̄+。

>julesさん☆

おお、丁サにそんな話がありましたか!*’▽’*!やっぱ現地に行ってみるもんですよねw
陸軍奉行並の土方さんですから、お店じゃなくて屋敷、の可能性は充分あると思います( ̄- ̄。丁サには土方さんの留守居役として松沢乙蔵さんて方がいたみたいですけど、その人もしかして丁サのお店の人なのかも知れない、なんて今ちょっと思いました…。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。