スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトショ観劇☆感想

先日、山本耕史さん・上原多香子さん主演のミュージカル、
『リトルショップ・オブ・ホラーズ』を見てきました~♪♪

てなわけで以下はネタばれを含む感想になります。
自分が観に行くまで内容は楽しみにしておくわ!という方は控えてください☆
もー帰ってきてからすぐ母さんに内容全部話したから疲れたヨ(汗)。
母さんは前に映画でリトショを観たことがあるらしいです。
「あら、そんな話だった?」とか「そうそう」とかいろいろ言ってました。

あ、そうそう諸事情により反転は使ってません。
偶然目に入ってしまった方がいたら申し訳ないです。

* * * * * * * * * *



私は全然予備知識もなくリトショを見に行ったので、
けっこうストーリー的にも「えぇ!?殺しちゃうのかよ!?」とか、
素直に驚けて満足してますvV
いや、でももしストーリーを知ってたとしても、
原作とはちょっと変えてあるそうなので、それもまた新鮮かも?

耕史さんはご存じの通り、さえないメガネ青年のシーモア役v
上原多香子さん演じるオードリーに恋心を抱いてます。
また改めて思っちゃったけど、耕史さんて役者さんですよねぇ。
土方さん演ってる時は土方さんにしか見えなかったのに、
シーモア演ってる時はシーモアにしか見えませんでした。

私はもー耕史さんがいつ歌ってくれるのかいつ歌ってくれるのかと
そればかりを最初の楽しみにしてて、ぶっちゃけ他はどうでも…(コラ!)
やっぱ耕史さんの声が好きだー!!><vV
歌詞も曲もぜんっぜん覚えてないけど(汗)。
耕史さんの声は場を締めるよね?…あれ?私もとうとうフィルターかかってきた?(笑)

上原多香子さんは番宣に出てるのを見た時は、大丈夫なのかと思ってたけど、
すっごい可愛かった。衣装も声も演技も。
なんかちょっとバカっぽい感じなんですね、オードリーって(笑)。
衣装がコロコロ変わるのはファンサービスなの?
けっこう危険な香りがする衣装もあったような…(笑)。

あのー歯医者役の人も演技すごかった。バリバリ舞台役者だった(爆笑)。
テンションたけぇー!!でも楽しそう。演技大好きって感じっすね。
耕史さんや小堺さんもそうだろうけど。
シーモアと…なんだっけ、ムシュルク?花屋の店長さんなんだけど。
すいません、パンフとか買ってないもんで(汗)。
チラシどこやったかなぁ…本の下にあるかも知んないな…無理。

まあとりあえずですね、もうつぶれそうなスラム街の花屋で繰り広げられる、
サイエンス(?)ホラーなんですよ。
ちゃんとタイトルに「ホラー」って入ってんのにね。
私は勝手にシーモアが人間を殺そうかどうしようか迷って、
迷い続けたまま終わるというそんな平和なミュージカルだと思ってました(笑)。
実はバッドエンドとか苦手なのですよ、私。新選組とか好きなわりに。
人が死ぬ舞台とか逃げ出したくなっちゃうんです。戊辰戦争とか好きなくせして。
特にリアルに死なれるとちょっと…。バラされた足とかちょっと…(涙)。

でもシーモアとオードリーの可愛さに癒された!!><ホッとしたぁ!!
てゆかオドオドしたシーモアとかめっちゃ可愛いよ。うまいなぁ耕史さん。
…と、いうのもつかの間でどん底に突き落とされた気分でした。
「え…嘘…マジで??せっかく"パパ"が出来たのに…!?」
ちょっと納得いかないっつの。なんで殺すんだよー!!(泣)
そんな花とっとと燃やしちまえよ、シーモア!!(入り過ぎ/笑)
いやぁあの和田アキコの声がね、もういかにも憎たらしい声でね(笑)。
さっさと燃やしてやりたい、みたいな。私が燃やしてあげるよシーモア!!
あの花の断末魔の叫びが聞きたかった…え?あれ、話逸れた。

きっとそうだろうとは思ってたラスト。
そうか、やっぱそうなっちゃうのか…バカやろう…このやろう。
しかしですね、ここで私のものすごいツボシーンがあったんです!!

シーモアがオードリーを姫抱っこしたぁvV

きゃー(*>v<*)!!!やべぇ!オードリー死んでくれてありがとう!!(えぇ!?)
か・っこ・い・いvV耕史さんタッパもあるからさーvV似合うーvvv
見せ場のシーンだから照明当たりまくりだしー♪♪映える映えるー☆★
オードリーも白いふわんふわんのドレス着てて可愛くってさー(^v^)
姫抱っこー!!イイ!!これはイイよ!!(アホ)
この事を母さんに熱弁したら引かれた…(笑)。
「いい歳こいてときめいてんじゃねーよ」みたいな顔された。ご、ごめん。
でもかっこよかったんだよ…(ボソ)。

リトショ

恥ずかしいことに絵を描いてみた…。いらんことしたかも-_-;
配色よくわかんねぇし(オイ)。雰囲気だけわかってもらえれば…(汗)。

でまぁ、最後はシーモアも案外あっさり食べられちゃってバッドエンド。
業者が勝手に花の増殖&売買を始めちゃって世界的に花が広がっちゃいます。
そしたらこう、すっごいでかい花のバルーンが出てきて、
回りで花のかっこうをしたシーモア達が歌い始めて雰囲気だけハッピーエンド。
このかっこでカーテンコール行かれたらどうしようかと思った(笑)。

耕史さんお得意の、あ、メガネ投げてくれる!と思わせといて投げなかったり。
小堺さん達が花の巨大バルーンに絡まった振りして遊んでたり。
ホラーですけど、そのぶんコミカルなところもたくさんあって、
んー、まとめて言えば楽しい舞台でした☆^0^☆
でもやっぱりバッドエンドは苦手かな…(汗)生きてて欲しかったヨ。

長くなりましたが、リトショ感想はこれにて終了ー。お疲れ!
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。