コープスブライド

久し振りに「その他」の話題を。

先日、ティム・バートン監督の『コープスブライド』を観てきました。

すごく良かったです。
『シザーハンズ』とか『ナイトメアビフォアアクリスマス』も好きなんで、
たぶんティム・バートン作品が基本的に私の好みなんだと思うんですが、
いやぁ、今回すごいヒットしました。大絶賛しときます。
怖くて、おかしくて、楽しくて、美しくて、可愛くて、切なくて。
素晴らしい…。いい仕事してるナぁ…(*´Д`*)

物語自体は特にえぇぇっ!?て感じのストーリーではないんですが、
なんだろ、やっぱキャラの表情とか感情とかそういう演出かな…。
とにかく観てて、楽しいんだけど切ないのだよー!!><
ぞっとするところはぞっとし、笑うところは笑う。
あれですよ、私はほら、ちょっとゾクッとするような美しさが好きなので。
…ね?(笑・何聞いてんだ)
冷たい美しさというか、そういうの大好物なもんで。
うーん、好きだ。ものすごく好きです。
最後もすごく切なく美しい。やばい、もう一回観たい。
DVD出たら買うかも知んないな。いや、きっと絶対買う。
映画館でダラダラ泣いてましたよ。たぶんもう一度観ても泣くな。
私があんまり良い、良いって言うもんだから、
父も「じゃあ俺も観てみようかな~」なんて言ってましたが、
ふと。もしかしたら男性にとってはそんな切なくない…かも??
私は女だから花嫁の感情とかにキュンキュン(死語)きちゃうんであってぇ、
男性の場合はどうなんだろ、ビクターに共感できるのかな???

あ、そうそう、ジョニー・デップもなかなか素敵でしたvV
驚く瞬間の声がいいです。オドオドしてるとことか。
良い声優陣使ってるんじゃないんですかねー?あんま知らないですけど。
『チョコレート工場』は映画館で観る気になれないんで、レンタルします。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)