スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津の旅:西軍墓地

今回、会津若松駅に着いて初めて目にした史跡は西軍墓地。
ホテルに向かう途中で見かけました。
実は行く気は無かったけど偶然通りかかったから見たという…(汗)。
会津若松駅の前を横切る大通りを右にまーっすぐ行くと会津町方伝承館。
その伝承館の向かい側が西軍墓地入口となっております。

西軍墓地入口

奥に見える公園の一角が墓地になっとるわけです。

西軍墓地門

ここが入口なんですが、私が行った時は開いてなかったようで。
公園の滑り台とかから中を一望できないかと思ったんですが無理でした。

西軍墓地内

しかたないので塀の間から撮ってみると案外撮れた。

この西軍墓地、明治2年4月にできてから太平洋戦争終結まで政府が管理し、
その後12年間放置されていたためだいぶ荒廃が進んでしまったようです。
それを昭和32年9月15日に西軍墳墓史跡保存会が改修したんです。
改修直後には山口県知事も来たそうで。
いまだに長州への憎しみが強い会津へ来るのちと大変だったかも?

土佐藩49人、薩摩藩33人、長州藩24人、大垣藩20人、肥州藩11人、
備州藩6人、岡山藩3人、館林藩2人、越前藩1人、不明1人の墓地だそうです。
これを考えてみると、高知県知事が来ても不思議じゃないんですけどね。
なんか西軍代表ってやっぱ長州藩(山口県)なんですかね。

案内板が3つあるんですが、一番古そうな案内板には計174人。
道路に面してる案内板には計150人…どっちが正しいんだ?
藩別人数を合計すると150人なんですが…。
もしかしたら荒廃が酷くて無くなっちゃったのもあるのかも。
スポンサーサイト

COMMENTS

きっと、あるゆさん、西軍の霊たちに呼ばれたのかも・・・。
優しい人に憑くっていうから、霊は。合掌。

>mike-boyさん

墓地の写真がボヤケてるのがちょっと気になってるんですよね…。
いや、たぶん夕暮れ時だったからなんですが(笑)。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。