スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第百六十三訓 制服は二割増し


やっぱりてめェか

近藤ぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!


ぐあああああああ

ごっさ悔しいィィィィィィ

こんちくしょー!!!泣


土方十四郎率メーター、修理中。
スポンサーサイト

続きを読む »

幕末機関説いろはにほへと全26話一挙放送★


全国の蝦夷共和国ファンを震撼させた

『幕末機関説いろはにほへと』


GyaOに帰ってくる!!


4月28日(土)から5月7日(月)まで
全26話一挙放映!!

土方歳三のあんなシーンやこんなシーン、
そして榎本総裁の伝説の瞬間が再び!!


>>>GO TO GYAO

■最新DVD情報(土方さんが出てくる16話~が収録されてるよ♪)
幕末機関説 いろはにほへと 巻の六 幕末機関説 いろはにほへと 巻の六
コザキユースケ、宮下隼一 他 (2007/06/22)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

銀魂ファンに捧ぐ幕末略歴&まだ162訓感想

ほんっとうに…特に162訓読んでから頭沸いてる。
(あ、すいませんジャンプ本誌のネタバレ含みます。ご注意)

気づくと土方さんのことしか考えてないよ。
新八のあの焦った言葉とか、銀さんのあの叱咤の言葉とか、
伊東の理解者うんぬんの話とか、総悟の土方さんへの態度とか、
前から思ってたんだけど、
空知の思う土方歳三像ってのは、私の土方歳三像に近い気がするんだ。
というか空知の思う"幕末像"が私の思う幕末像に近い気がする。
アニメの新ED何度も見返して泣きながらそんなこと思ってた。(マジ

というわけで(どういうわけか知らないが)、
私の気持ちを少しでも落ち着かせるために幕末略歴を書きます。

あのね、今まで銀魂ファンにも史実を知ってほしいと思ってたけど、
今度は逆に、史実好きの人にもぜひ銀魂を見てほしい。
見なきゃ損だよ。アニメもいいけどぜひ原作を。いいから見ろ。
見て「あーやっぱ好みじゃないー」だったら別に構わんのさ、
でも見てみたら案外すっげえええええええ好きかも知れないんだぜ?
銀魂見る心得として、気をつけなきゃいけないのは、
パッと見じゃあ入り込めない部分があるかも知れないということ。
じわじわじわじわ効いてくるから。ね?
私だって最初、あー何この漫画、好きじゃねーなぁ絵が。
と思ってたんだからっっ!!!!!!!なっ!!!!!!???
BOOKOFFとか行けばたぶん置いてあるから!(おい)
一度立ち読みしてこい!!それか近くの友達に貸してもらえ!!!
年齢とか関係ねーよ!大人の鑑賞に堪え得る漫画だよ!!
いやむしろ大人にこそ見てほしい漫画だ!!!笑

ああああ銀魂好きだああああマジで好きだああああああ

でも銀魂ファンの方々!史実も知っておいて損はないぜ!!!笑
こんだけ銀魂銀魂言ってても私の根幹はやっぱり史実なのであった。

続きを読む »

第百六十二訓 長所と短所は紙一重

ふおおおおおおおおおお…!!!!(((((((( ̄□ ̄;;)))))))))

な      な ん だ こ  れ      は ああああ。

も もう殺されるとしか思えないよ。
死ぬ。はあはあ・・
私もしかしたら銀魂読んでるあいだ息してないのかも知れない。


ちょ、ごめん、十四郎率メーターがピンポイント爆撃されたから。
パーセンテージ出せません。もう無理。数字外。
死ぬ。銀さんが銀さんがなんかすげえあれだ。以下、ねたばれ。

続きを読む »

■□■ゴールデンメッセ劇場■□■

おもしろいの見つけたのでとりあえずこんなの作ってみた。
携帯からは見られないと思います;;すいません;;



小説 『幕末機関説いろはにほへと』

こんな小説が本屋に並んでたよみんなぁ!!!!

幕末機関説 いろはにほへと 幕末機関説 いろはにほへと
牧 秀彦、高橋 良輔 他 (2007/04/12)
光文社
この商品の詳細を見る


てゆうかもうこれ皆知ってたんかな。
知ってたみたいだよね。

あらすじは原作のアニメだけど、キャラが微妙に性格違うかも。
アニメに比べると、土方さんの出番は少ないかな。
おいしいポジションにいるのは変わらないんだけど(笑)、
視点がヒロインの遊山座長だからどうしても出番少ないんだ。
榎本さんも出番少ないよ。箱館戦争の話は基本的に少ない。笑
そのかわり秋月さんと龍馬さんの話がちょっと増えてるのかな?

↓気になるあの人の部分だけ感想。

続きを読む »

賊軍の恨みは戊辰だけじゃない

うわ、すっげ重そうなタイトル(笑)。
ちょっとままこっちさんの記事に触発されて偉そうなこと書きます。
いやいやマジで偉そうな記事ですよ。ごめんね。

長州出身の人が会津に謝った、てのはまあ国内問題だし、
別に賠償金とか請求しているわけじゃないし(だよね?笑)、
なんとなくこのまま時間が解決してくれるような気は、する。

もう140年も前のことなんだし…って言う人もいるし、
恨みは何年経っても消えないんだ!って言う人もいると思うけど。

ちょっと違うと思うんだ。
重要なことをみんな知らないと思うんだ。

続きを読む »

第百六十一訓 マニアは3つ欲しい



あいつは死なない。

そう信じてる。




>>>トッシー濃度=98% (率じゃなく)

続きを読む »

そうだ蝦夷地行こう:銘菓"榎本武揚"(森町)

蝦夷共和国好きにとってはなんかもうあの辺りまるごと史跡だよね。

そうそう、森町物産店で榎本武揚蒸しまんじゅう買ったんだよー。
鷲の木レポでUPしようと思ってて忘れてた。

まんじゅう榎本武揚

"銘菓"って書かれてるよ!"銘菓"だって!!


 めい-か【銘菓】…特別な名をもつ有名なお菓子。(by広辞苑)


確かに特別な名をもっていますな。爆笑
箱館占拠する前、旧幕本陣は霊鷲院に設けていたらしいよ。

平成19年第4回勇忌&佐藤福子さん講演会

8日に行われた勇忌&佐藤福子さん講演会に行ってきました。

と、忘れないうちに歳三忌と総司忌のメモを残しておきます。
当日でも大丈夫な気がするけど一応事前予約制となってます。
申し込みは参加忌を明記の上、2000円定額小為替を同封して下記まで。

 〒101-0054
 東京都千代田区神田錦町3-18-3 錦三ビル
 新人物往来社 大出俊幸
  電話 03-3292-3971 FAX 03-3292-3972

◎第32回歳三忌◎
日時 平成19年5月13日(日)午前11時より読経。
場所 日野市石田寺
講演 午後1時30分より信徒会館にて
 講師 松下英治さん(新選組流山隊局長)
  『新選組はなぜ流山を目指したのか』



◎第33回総司忌◎
※お寺さんに問い合わせの電話および献花をしてはいけません。
日時 平成19年6月17日(日)午前11時より焼香。
場所 東京都港区専称寺
講演 午後1時30分より國學院大学院友会館にて
 講師 伊東成郎さん(歴史作家)
  『市村辰之助の忘れ物-新選組新資料あれこれ』



肝心の講演会は私の記憶に残った箇所だけ書きます。
佐藤福子さんは新選組後援者佐藤彦五郎さんのご子孫。
詳しくは佐藤彦五郎資料館サイトで。

・勇が京都へ行ったまま帰ってこない。
・困った困ったどうしよう。
・手紙出したのに返事もなければ帰っても来ない。
・みんなで話し合ってまた飛脚を出すことにしたよ。
・っていう近藤周斎さん(勇の養父)の手紙コピーが配布された。
・あて先はもちろん佐藤彦五郎さん。
・それと勇さんが文久元年(1861年)に彦五郎さんに渡した拳銃。
・の、警視総監による所持許可証のコピー資料。
・聖蹟桜ヶ丘駅付近で兄弟でやってた乞田鍛冶は新選組お抱え。
・京都で幕末遊女の名簿が見つかった。(伊東成郎さん情報)
・土方さんの馴染みの遊女の名前も全部載ってる。(!!)
・いいいい伊東さんんんグッジョブ…!!!笑

偏ったレポですんません。(いつも)

江戸町ック天国!:蕃書調所跡

保存会の関係で近くを通ったので寄ってみました蕃書調所跡
最寄駅は東京メトロ九段下駅、"昭和館"の超付近。交番の隣。

蕃書調所跡

安政3年(1856年)に幕府が洋学調査のために作った研究機関ね。
今の言葉で言うと"洋書研究所"って感じだと思います。
文久3年(1863年)に開成所と改称されました。

そして慶応2年(1866年)。
その開成所に一人の男が洋学教授としてやってきました。
男の名は………大鳥圭介!

というわけです。(これしか知らない/笑)


て………あら?
蕃書調所って、文久2年(1862年)に一橋門外に移転したらしいよ。
じゃあ大鳥さんが来たのはこの地じゃないのかぁ…なーんだー。

第百六十訓 オタクは話し好き

そうですね。

はー。何から書こうか。
とりあえず土方十四郎率から書こうか。

たぶん85%ぐらい。

じゃあ次はネタバレ書こうか。

続きを読む »

早売り買った人の感想見ちゃった。

がらがらがらがらがら。

ざしゅっ  ぼと。Σごん Σごん Σごん んんん…


||||||||||||||||||||
           
o,, rz  ズーーーーーン。



喜ぶべきところと…悲しむべきところがある。
いや…まだ読んでないんだから決め付けちゃいけないんだ…け、ど…

幕末機関説いろはにほへと-最終話「海の向こうへ」



~-y(゜∀゜) スパー

いいんじゃないスか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む »

榎本隆充さんが出演したNHK第一放送ラジオ

3月23日(金)に榎本さんが出演したNHK第一放送のラジオ。
(※香音里さんのブログ記事で教えていただきました♪♪)

聴けました!

衝動的に3000円のラジカセを買ったよ。
あるもんだね、3000円の小型ラジカセって。
無かったら買わずにラジオ聴くの諦めてたはずなのに。

せっかくなのでどんな内容だったか細かく書いてみたいと思います。
需要があるのかどうかは別にして/笑。
あ、でもごめん…途中でテープ切れたから内容も切れた…
残量3分しかないテープ使ったもんだから…バカですね…ホントバカ。
ラジカセ買う勢いがあればテープぐらい買えよ。
カセットテープの一本や日本、コンビニでも売ってるよ。

泣く泣く表面に上書き録音をしたのでした。

続きを読む »

第百五十九訓 掟は破るためにこそある

すげぇ。土方さんに真っ向から喧嘩売ったタイトルだよ。
すげぇぜ空知。尊敬するぜマジで。

↓今週のジャンプ

え えええええええええええええええええええええ
えええええええええええええ
えええええええええええええええ    えええええええええええ
えええええええ    ええええええええええええええ
(゜□゜ええええええええええええええええええええええ
えええええ       えええええええええええええええええええ
ええ  え ええええ ええええええええええええええ

>>>>土方十四郎率95%

続きを読む »

榎本隆充氏の講演会in土方歳三資料館

ほんと計画性ねえな私。もう2週間経つよ。
そんなわけで榎本武揚ご子孫榎本隆充さんの講演会レポします♪
2007年3月18日16:30~17:30頃、土方歳三資料館で催されました。
隆充さんは黒田清隆さんのご子孫でもあるそうです。
「隆」の字はそこから来ているのかな?とにかくすごいご子孫です。笑

講演会に行かれた方のレポご紹介~♪
くろみつのブログ記事 (一緒に行ったしね/笑)
icewine5さんのブログ記事 (一度コメントしていただいたご縁!)

私のレポは、前にも行ったとおり「懇意」の部分に超偏ります。
やっぱりね!やっぱり榎本さんと土方さんは仲良かったんだ!という。

* ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * **


最近、土方家の親戚筋である平家が所蔵している手紙が発見され、
平忠次郎さんが榎本さんを訪ねた時のことが書かれてあったそう。
当時榎本さんは要職についていて多忙だったにも関わらず、
「土方くんの親戚なら、ぜひ座敷へ上がってもらうように」
と、忠次郎さんの訪問を受け付けた女中(?)に言ってくれたらしい。
そこで忠次郎さんは榎本さんから土方さんの話を聞き、
記念写真なども撮って帰ったそうです。当時の記念写真、残ってます。
残念ながら榎本さんが一緒に映ってたりはしてなくて、
代わりに榎本さんが書いた漢詩の掛け軸が一緒に映っています。
おそらく忠次郎さんが榎本さんを訪ねたことを親戚に知らせたのかな、
忠次郎さんの手紙には榎本さんから聞いた話として、
(土方とは)淀川を下る(大坂城へ向かう)とき懇意となり__」
と、書かれていたんだそうです。
いまだその手紙原文は日の目を見ていませんが、
隆充さんは五稜郭タワーでの講演会でも同様の話をしているので、
いつかその資料がちゃんと見られる日が来るのが楽しみですねvV

知り合った、ではなく、懇意となり、とわざわざ言っているのだから、
大坂行きの船の中で二人で話し合ってとても仲良くなったのではないか
って、隆充さんも言ってました☆嬉しい。ですよね。ですよね。

ちなみにこの、「淀川を下るとき」とはいつなのかということも、
隆充さんは調べていてくださりました。素晴らしい御方だわっっ!!
慶応4年1月6日、橋本で官軍に敗れた土方さん達は大坂八軒屋に退陣。
そして同日、榎本さんも開陽丸から下船し八軒屋に立ち寄ります。
八軒屋から大坂城へ向かうルートなんだそうです。
隆充さん曰く、おそらくここが二人のファーストコンタクトだろうと。
(※日にちは誤差がある可能性あります/8日?)

榎本さんも鳥羽伏見戦争の模様が気になっていたんだと思います。
誰かに聞こうとしたその相手が土方さんだったかも知れません。
淀川でちょうど同じ船になったので、良い機会だから聞いたのかも。
江戸城で依田学海さんに話したように、土方さんは榎本さんに、
「私達は刀や槍で応戦したが少しも役に立たなかった」
と言ったかも知れず、榎本さんはその冷静な判断を聞いて、
「そうなんだよ!これからは銃なんだ!いやむしろ軍艦なんだ!」
と盛り上がったのかも知れません。笑
こうなってくると土方さんが西洋化に目覚めた背景には、
榎本さんの影響が大きいのかも知れませんね。
あと、永倉さん達は順動丸に乗って江戸へ向かいましたが、
土方さんや近藤さん、島田さんらは榎本さんの富士山丸へ乗ったのも、
土方さんが榎本さんと親しくなってた故の特別扱いかも知れない。

** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** * ** *

…かも知れない多いな。笑まあほぼ予想でしかないんで。
はい、レポいったん終わり!
以下、私の勝手な思い出風考察です。笑

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。