スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法蔵寺 近藤勇の首塚

愛知県岡崎市法蔵寺にある近藤勇の首塚を訪ねてみました。

東海道沿いの、徳川家康が幼い頃に勉学に励んだとかで、
徳川家に縁が深いお寺。境内には東照宮もありました。

法蔵寺橋(東海道)

法蔵寺の門


道標が折れてて地味に怖かったwまさに首塚っぽいからやめてww
明るいうちに来て良かったと思いました(笑)。

道標1(法蔵寺)

道標2(法蔵寺)


そして近藤勇の首塚。
貫禄を感じる(?)立札もありました。

近藤勇の首塚1(法蔵寺)

近藤勇の首塚2(法蔵寺)

近藤勇の首塚(法蔵寺)立札

要約すると、京都三条河原にさらされた近藤さんの首は、3日目の夜に
同志(新選組隊士?)によって持ち去られ、生前に近藤さんが親しくしていた
京都の新京極裏寺町の孫空義天大和尚さんの元へ持っていこうとしたところ、
和尚さんは転任しており、転任先のこの法蔵寺に首を持って来たそうです。
首塚は人目を避けるため土で覆い隠され、いつしか忘れ去られていたと。
昭和33年の調査で埋葬の由来が判明したらしい。

釣洋一さんの『新選組宝典』という本には、昭和34年の伊勢湾台風によって
出土したというこの首塚の台石と守り刀の白黒写真も載っています。
台石には「土方歳三」などの新選組隊士の名前も彫られていたようです。

この台石と守り刀も見てみたかったんですけどねー(笑)、
残念ながら、所在を伺う時間はちょっとありませんでした。

また機会があれば!
スポンサーサイト

榎本武揚が作らせた流星刀

去年の末頃、六本木ヒルズの森美術館でやってた
宇宙の…何とか展みたいなのに行ってきまして(曖昧)、

榎本武揚さんが漬物石から作らせたという流星刀を見てきました!w
1898年(明治31年)製。刀匠は岡吉国宗。
長刀2振、短刀3振のうちの長刀1振。東京農業大学図書館蔵。
もう1つの長刀は当時の皇太子(大正天皇)へ献上されたそうです。

流星刀(森美術館)1
流星刀(森美術館)2
流星刀(森美術館)3
流星刀(森美術館)4

撮影OKありがたすぎ。
あとね、ファイナルファンタジーのイラスト描いてらっしゃる方が、
この流星刀の擬人化したイメージイラストも描いてくださってました。

流星刀男士(森美術館)

メテオ(隕石魔法)唱えてきそうな感じありますね(笑)。

刀剣ブームがなかったらお披露目されなかったんじゃないかなー?
ありがたい刀剣ブーム。



刀剣茶寮 ~こんのすけ~

先月末頃、刀剣茶寮に行ってきました~。

『こんのすけの刀剣散歩』コラボ期間中でした。こんのすけ可愛い(*´ω`*)
刀剣茶寮_入口

↓左が確か和泉守兼定カクテル(ノンアル)だった、はず。(曖昧)
刀剣茶寮_カクテル1

うまく写真とれなかったけど、ディナーメニューもこんのすけにちなんで
油揚げをうまく使った料理でした。美味しかったよ♡
↓こんのすけカクテル(ノンアルきなこ)、これが1番お気に入りだった!
めっちゃ甘くて!※下戸の感想です。
刀剣茶寮_カクテル2


撮影OKな店内の刀剣も激写してきました。

まずお目当ての(笑)和泉守兼定&堀川国広。入ってすぐのところ。
和泉守兼定&堀川国広(刀剣茶寮)1
和泉守兼定&堀川国広(刀剣茶寮)2

加州清光
残念ながら大和守安定はちょうど貸出中だった。
加州清光(刀剣茶寮)

ソハヤノツルキウツスナリ(写し)。←ややこしいw
ソハヤノツルキウツスナリ(刀剣茶寮)

復元プロジェクト中の三日月宗近
三日月宗近(刀剣茶寮)

他にも藤四郎の刀、鍔などありました。
知識が全然追いついていない(;´∀`)でも楽しかった~。

Tag : 刀剣乱舞

永青文庫 ~歌仙兼定登場~

兼さんの大兄上に会っておかねばと思い。笑

行ってきましたー。

永青文庫入口

つっても、歌仙兼定の時代って、
新選組以上に全然知らないんだよね\(^o^)/wすいませんw
室町とか戦国時代まで勉強する時間は無い。

とりあえず印象としては、
歌仙さん、思ったより短いんだな!?wっていうのと、
刃文が、ほとんどまっすぐなんだけど、
鍔元の方にだけ少し波が入ってるって変わってるなぁって。

MEMO
歌仙兼定】 室町時代
銘 「濃州関住兼定作」
刃長 60.5cm   反り 1.4cm   樋なし
細川忠興の愛刀。拵えは安土桃山時代のもの。
腰刻黒漆研出鮫打刀拵、通称・歌仙拵。
鞘長 68.5cm

奈良の薬師寺の之定はどうだったか、もう忘れちゃったな。
ただゴツい!てイメージしか(笑)。

あと安政3年だか6年だかの史料で、
歌仙兼定は「脇差」として記載されていたりするんだね。

他、感想。
・細川忠興作成の扇型のカルタ可愛い
・ガラシャの鐘…(´;ω;`)
・護立さんが集めた刀は長船派が多い。
茎から刀身の先までずっと樋が入ってる。
鎌倉~室町時代の刀はゴツくて重いため、
軽量化のためという見方が有力。
・「海賊」という刀の刃文は荒波を表してる?
・国宝の刀は細い。研ぎ減りしている?
・林又七、楽寿などの鍔が雅°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
以上。

せっかくだから、パネルも見てきたー!

歌仙兼定パネル

3人もいてビックリしたwww
右がゲームの、左がアニメの、中央が描き下ろし。

お邪魔しました~(´▽`)ノシ

Tag : 刀剣乱舞 歌仙兼定

霊山歴史館 ~新選組疾風伝~

見てきました!

霊山歴史館(新選組疾風伝)

撮影NGだったので、メモだけ。

大和守源秀国 
銘 「大和守源秀國 慶応二年八月日」
銘(追加分) 「幕府侍土方義豊戦刀 
 秋月種明懇望帯之 秋月君譲請高橋忠守帯之」
刃長 68.7cm   反り 1.4cm   樋なし

土方歳三さんの愛刀。
入ってすぐのところにあります。看板刀。
ちゃんと裏銘も見えるように展示されてますし、解説も細かい。
詳しくは『歴史人別冊 真説 土方歳三と新選組』がオススメw
(いつの間にかマイショップ機能なくなってたんですね;;)

刃文はまっすぐです。井上松五郎さんのもまっすぐ。直刃。
会津城で見た秀国(元興)の刃文は波状だったので、
京都で量産するようになってから直刃になったぽい?
直刃の方が丈夫で、実用刀には向いているそうです。

縁金に梅が入ってるの良いですよね( *´艸`)
鞘などには、かなり使い込んだ跡があります。


陸奥大掾三善長道 (個人蔵)
銘 「陸奥大掾三善長道 延宝五年八月」
ゆるい波状の刃文。樋なし。

近藤勇さんの愛刀。
池田屋事件の褒賞として、会津藩主・松平容保から受領。
その後、新政府軍によって近藤さんが斬首された後、
土佐藩士の谷干城がこの刀を藩主・山内容堂へ献上し、
一時は靖国神社に納められていたそうです。


阿州吉川六郎源祐芳 (個人蔵)
銘 「阿州吉川六郎源祐芳 慶応元丑年八月日」
まっすぐな刃文。樋なし。
正確にはどうかわかりませんが、上記2つの刀より長く、
反りも強いように見えました。

近藤勇さんの愛刀。
これは刀そのものよりも、鞘書が気になるっていう(笑)。
近藤さんの首が京都の三条河原で晒された後、
誰かがその首を会津の天寧寺に運んで埋葬した、という内容。
会津では、その伝承は昔からあるようです。
まあただ明治期に土方さんの親戚や永倉さんなんかが
京都で近藤さんの首を探してたりもしているので、謎ですw


以下、他に気になったやーつ。

山城守源一法
銘 「(菊紋)山城守源一法」

今井信郎さんの脇差。
今井さんは見廻組隊士で、蝦夷共和国では陸軍奉行添役。
坂本龍馬暗殺メンバーにも加わっていたとか。
戊辰戦争時に資金難のためいったんこの刀を売ったものの、
戦後になって買い戻したんだとか。気に入ってたんですね。


龍馬暗殺に使われた脇差
錆びてボロボロ。

ひぇ…って感じですけど(笑)。
見廻組隊士・桂早之助さんの刀だとか。
一緒に本差の方も置いてありました。
ちなみに桂早之助さんは鳥羽・伏見の戦いで戦死…。


他には、西郷隆盛の介錯をした刀もありました…ひぇw

あと、2階のメインどころは島田魁さんの遺品類かな。
前川邸のご主人が作った壬生屯所周辺の模型もありました。

メモφ(..)
○坂本龍馬と親しい岡本健三郎が描いた
近藤勇晒し首図絵の写し
○新徴組隊士・瀬尾権三郎の刀
瀬尾さんは西南戦争にて戦死
○島田魁宛の借用書は政治献金?
○慶応3年に助成金交付
○ツンナール銃は日本に2丁のみ
○「鉾とりて~」の和歌は島田さんの筆跡じゃなく
誰が書いたのか不明
弁天台場にいた新選組隊士達が詠んだ歌集
○島田さんは帯刀したまま降伏
○島田さんの若い頃の写真は肖像画
画家の領収書が残ってる

以上!

Tag : 新選組 土方歳三 近藤勇

京都霊山護国神社(坂本龍馬の墓など)

霊山歴史館まで近藤さん・土方さんの愛刀を観に行ったのでー、
せっかくだし坂本龍馬さんの墓でも参ろうかと、向かいの護国神社へ。

京都霊山護国神社

龍馬さんの墓以外にもたくさん志士の墓があるとの事。
じゃあ、せっかくだし、全部見…

京都霊山護国神社マップ

まあ諦めたよね。(即)


とりあえず、坂本龍馬さんと中岡慎太郎さんのお墓へ。

坂本龍馬&中岡慎太郎の墓(霊山護国神社)

石碑・石像もありました。

坂本龍馬&中岡慎太郎の像(霊山護国神社)

坂本龍馬さんの暗殺犯はいまだに諸説ありますけど、
霊山歴史館の解説とか見る限り、ほぼ間違いなく見廻組じゃん?笑
まあ犯人が誰かはっきりしない方が世間的には面白いのかなぁ。


裏側には池田屋事変で亡くなった志士達のお墓も。
写真の、右から5番目が古高俊太郎さんのお墓です。

池田屋事変殉難者の墓(霊山護国神社)

…こちらは確実に新選組がやりましたね笑。


今回はこれだけ。またいつかリベンジする、かも知れない。笑
夏に来るのだけは絶対避けようと思う。

備前長船刀剣博物館 ~薄桜鬼展~

岡山だし、行けないなーと思ってたけど、気づいたら行ってた(笑)

入口で土方副長がお出迎え。
薄桜鬼刀剣展パネル(土方)

沖田さんもいたんだけど、
薄桜鬼刀剣展パネル(沖田)

副長とのこの距離間ちょっと笑ったw
薄桜鬼刀剣展パネル(土方&沖田)

中の入口に斎藤さん。
薄桜鬼刀剣展パネル(斎藤)

* * *

以下、記事長いです。でも知識がないので、ほぼ写真です。笑
刀やら銃やらめちゃくちゃたくさんあって、ほぼ全て撮影OKだったんですけど、
私が特に興味をひいたものだけに厳選します。



綱俊(西郷隆盛所持)
【綱俊】 江戸時代後期
銘 「於東都長雲斎藤原綱俊造 慶応二年八月日」
刃長 2尺6寸7分   反り 4分3厘

1階の常設展?にあった西郷隆盛さんの所持刀
鞘にある薩摩藩のマークの主張が激しいですねwさすが。

武市半平太さんの自害短刀「兼涌」は、撮影NGでした。
いや、撮るなよそんな刀…って話かな(汗)



いきなり新政府軍側の刀から紹介しちゃったけど(笑)、2階が薄桜鬼展。
新選組やゲームの登場人物に関係あったりなかったりする刀剣がズラリ。

祐春(薄桜鬼展)
【祐春】 江戸時代後期
銘 「備前国長船住横山祐春 友成五十六代孫 嘉永七年正月吉日」
刃長 2尺2寸1分   反り 7分9厘

新選組隊士・林信太郎さんの愛刀と同名の刀。



源清麿(薄桜鬼展)
【正行(源清麿)】 江戸時代後期
銘 「於萩城山浦正行造之 天保十三年八月日」
刃長 2尺7寸   反り 7分6厘

近藤勇さんの虎徹はこの人が作った贋作という説あり。
幕末期は全然人気なかった清麿さんですが、今は大人気なんだそうです。
美男子だったらしいですね?(笑)



広康流星刀(薄桜鬼展)
【広康】 平成時代
銘 「以流星 岡山住人広康作 彫宗風 平成二十五年 愛逢月」
刃長 2尺3寸3分   反り 6分

これは現代の刀工さんが作った流星刀だそうです。
榎本武揚さんが明治期に作らせた流星刀があるのでたぶんそのイメージ。
刀身には九字が切られてて、鞘が派手なので目だってました笑。



和泉守国貞(薄桜鬼展)
【国貞】 江戸時代中期 (脇差)
銘 「和泉守藤原国貞」
刃長 1尺7寸1分   反り 4分3厘

山崎丞さんの愛刀と同名の刀。
大坂新刀の名工で、堀川国広の下で修行してたかも知れないらしい。
この人の子も国貞で、それが薄桜鬼に出てくる「井上真改」だそうです。



仙台国包・脇差(薄桜鬼展)
【国包】 江戸時代後期 (脇差)
銘 「仙台住藤原国包」
刃長 1尺3寸5分   反り 2分6厘

仙台国包(薄桜鬼展)
【国包】 江戸時代後期
銘 「仙台住藤原国包」
刃長 2尺1寸   反り 5分

島田魁さんの愛刀と同名の刀。



手柄山氏繁(薄桜鬼展)
【氏繁】 江戸時代後期
銘 「播州手柄山麓藤原氏繁精鍛作 安永七年二月日」
刃長 2尺2寸1分   反り 5分6厘

永倉新八さんの愛刀と同名の刀。
以前、「ザ・刀剣展」で見た氏繁には彫りが入ってましたが、
これには入ってなかったですね。
こっちの氏繁の方が永倉さんぽいかなと勝手に思いました。笑



肥前忠広(薄桜鬼展)
【忠広】 江戸時代中期 (脇差)
銘 「肥前国近江大掾忠広」
刃長 1尺7寸3分   反り 6分

原田左之助さんの愛刀と同名の刀。
他に所持刀と言われてる刀は「江府住興友」など諸説あり?
原田さんは槍のイメージ強いけど、ふだんは帯刀してたよねたぶん。



上総介兼重(薄桜鬼展)
【兼重】 江戸時代中期 (脇差)
銘 「上総介兼重
 (金象嵌)万治三年六月十四日 二ツ胴切落
 山野加右衛門尉永久(花押)」
刃長 1尺8寸2分   反り 2分3厘

藤堂平助さんの愛刀と同名の刀。
兼重さんは虎徹の師匠だったという説もあるみたいです。



鬼神丸国重(薄桜鬼展)
【国重】 江戸時代中期
銘 「鬼神丸国重」
刃長 2尺2寸5分   反り 4分3厘

斎藤一さんの愛刀と同名の刀。
個人的には拵えも含めてこの刀が一番かっこよく見えました。笑
なんとなく名前もかっこいい。すごく斬れそうな名前で。笑
他に斎藤さんの愛刀は関孫六説もあり。



加州清光(薄桜鬼展)
【加州清光】 江戸時代後期
銘 「加州住藤原清光 万延元年八月吉日」
刃長 2尺2寸9分   反り 5分3厘

沖田総司さんの愛刀と同名の刀。
この刀の展示はどちらかというと刀剣乱舞に寄せたかなという気が。笑
茎(なかご)の先がとがっているのが加州茎の特徴だそうです。
聞いた話だと、加州清光って刀剣家の間じゃ本当に人気無かったらしくて、
持つのを嫌がるほどだったとか…うわぁだからか、とか思いました。爆



山城守藤原国清(薄桜鬼展)
【国清】 江戸時代中期
銘 「(菊紋)一 山城守藤原国清」
刃長 2尺4寸4分   反り 4分3厘

これも沖田総司さんの愛刀と同名の刀。
小説などでは「菊一文字則宗」ですけど、同じ菊一文字で言えば
国清の方が沖田さんが持ってた刀としてはまだ現実的だそうです。
薄桜鬼では、加州清光でもなく則宗でもなく国清説を採用してますね。
前に「ザ・刀剣展」の時も国清は見ました。



和泉守兼定(薄桜鬼展)
【兼定】 明治時代
銘 「岩代国和泉守兼定 明治三午年八月日 
 以古刀鋳四方詰造而為井上務実」
刃長 2尺1寸   反り 3分3厘

言わずもがな、土方歳三さんの愛刀と同名の刀。
古刀を溶かして作ったぽいけど、刀剣乱舞的にはえぐい話だよね?w
隣には佐藤家蔵の越前康継が展示されてたんですが、撮影NGでした。
佐藤家で展示されてた和泉守兼定も「岩代国」だったんだよね、確か。

廃刀令が施行されて、刀匠がどんどん廃業していく中でも、
なんだかんだで兼定ブランドは根強くて、現存してる刀も多いらしい。



長曽祢虎徹(薄桜鬼展)
【虎徹】 江戸時代中期
銘 「長曽祢興里入道虎徹  (金象嵌)神妙々一翁愛品」
刃長 2尺1寸   反り 3分3厘

近藤勇さんの愛刀と同名の刀。これは大久保一翁さんの所持刀
大久保一翁さんと言えば、近藤さんの助命嘆願に協力してくれたり、
明治時代には東京都知事の立場から板橋の墓碑建立にも
協力してくれた良い人…という認識です!w



正家(薄桜鬼展)
【正家】 鎌倉時代後期
銘 「(金象嵌)正家」
刃長 2尺2寸5分  反り 7分

いきなりすごく古い刀に(笑)。伊達家伝来の刀だそうでwひぇw
芹沢鴨さんの愛刀説に「三原正家」があるらしく、その関係。
この刀が展示場内のラスボスでした(笑)。

あとね、展示会場じゃなくて、物産品展みたいなところで
刀の購入もできるんだけど、そこに「之定」の短刀があったんだよね。
7万円で売ってた(爆)。ただし真贋不明…贋作って事でいいのかな?w

その他、少しだけφ(..)メモ
○徳川斉昭本人作の刀「時計紋」
○生麦事件・海江田信義の刀「長守」
○山田方谷の所持刀「宗次」
○阿部右源次の「青貝微塵塗~」大小拵え
○池田宣政の所持刀「祐光」など池田家伝来の品々
○近藤勇が所持していたのは徳川慶喜が
ナポレオン3世から拝領した20丁のうちの1つ
ピン打式鉄砲「ルフォショウ」(Le Faucheux)
○三木三郎の愛刀は備前長船の説あり

* * *

終わり~。
厳選してこの量\(^o^)/

Tag : 薄桜鬼 新選組 刀剣乱舞

刀剣展示情報まとめ(9/24更新)

行ければ行きたいな~と思ってるとこまとめる。(自分用)
たぶんほぼ行けないんだけど笑。
とか言っといて、けっこう行ってますw

********************
土方歳三資料館で「和泉守兼定」が例年通り展示。
【展示期間】2016年4月3日~5月15日 終了

◆土方歳三資料館 兼定刀身公開

※最近は上記期間中じゃなくても公開してたりするので、
公式サイト・ブログをこまめにチェックよろしくです。

********************
去年、土方歳三資料館で初公開された近藤さんの刀
「丹波守藤原照門」は今年は佐藤彦五郎資料館で展示されるようですね。
「越前康継」も、脇差の「和泉守兼定」も去年に引き続き展示。
【展示期間】2016年4月29日~5月15日 終了

◆福子だより 刀身展示

********************
佐藤さん家の「越前康継」は東京富士美術館
ザ★刀剣展でも後期に展示されるみたい。
【展示期間】 終了
前期:2016年3月29日~5月15日
後期:2016年5月18日~7月3日

「長曽祢虎徹」は前期でも後期でも展示。
永倉新八さんも使ってたと言われる「手柄山氏繁」は後期のみ。
他にも昭和時代の刀まであるみたい。見応えありそう。

→行ってきました。(該当記事

********************
京都の霊山歴史館さんが、今まで個人蔵だった、
土方歳三の使用刀と伝わる「大和守源秀国」を買い取り、
2016年4月29日(金)から常設展示されるようになるそうですね!

◆霊山歴史館ニュース
◆京都新聞
◆産経WEST

京都の生谷家住宅にあるらしい島田魁さん発注の「大隅守廣光」も
霊山歴史館に貸し出されて展示されたりしないかな…なんて|_・)こそっ
土方さんの刀と並んだりしたら、島田さん喜ぶんじゃ?(未使用だけどw)

追記!近藤勇さんの刀も展示されるんだって~!
「陸奥大掾三善長道」と「阿州吉川六郎源祐芳」だそうです。
前者は池田屋事件の褒美として貰った刀で、
後者は近藤さんの首(!?)と共に天寧寺に持ち込まれたと噂の刀。
近藤さんの刀、結構現存してるんだね!?
局長と副長の刀が揃ってしまう…だと?笑。\(^o^)/
【展示期間】 終了
2016年7月12日(火)~9月11日(日)

◆夏の特別展「新選組疾風伝」

→行ってきました。(該当記事

********************
あまり知られてないかも知れないけど、「大和守源秀国」は
井上源三郎資料館にもあって。刀身展示もされるそう!
2日間だけだから要注意だな~。去年も刀身展示してたのかな?
【展示期間】2016年5月7日・8日 終了

◆井上源三郎資料館 開館日

この秀国の由来は、近藤さんが井上松五郎さん(源さんの兄)に
京都のお土産として贈った刀と伝わっているそうです。
近藤さんと土方さんは秀国を1振りずつ持ってたって事かな?

ちなみに「大和守源秀国」も島田さんの「大隅守廣光」も、
近藤さんが池田屋事件の褒賞として貰った「三善長道」も、
土方さん家の「和泉守兼定」も全部会津の刀匠らしく。
さすが京都守護職、さすが新選組のスポンサーという感じ笑。

→行ってきました。(該当記事

********************
で!会津で!鶴ヶ城で!刀剣展をやってくれるらしいんだけど、
まだ公式サイトでのお知らせはないみたいw\(^o^≡^o^)/
ネットで上がってるチラシ画像見ると、↓らしい。
【展示期間】 終了
前期:2016年6月11日(土)~7月14日(木)
後期:2016年7月16日(土)~9月12日(月)
開館時間:8:30~17:00 年中無休

会津五鍛冶についてとか、会津地元密着の刀剣展ぽくて
楽しみ~すごく行きたい。サイト更新してくんないかなww

更新された!
◆会津若松観光ナビ
◆鶴ヶ城(facebook)

天寧寺に和泉守兼定(刀匠)さんのお墓もあるそうですね。
お参りして良いのであればしたいな。

→前期、行ってきました。(該当記事

********************
東京の永青文庫美術館で「歌仙兼定」展示!
もうすっかり兼さんの大兄上みたいなイメージになってる…笑。
【展示期間】:2016年7月9日~10月2日

◆永青文庫美術館 夏季展示

→行ってきました。(該当記事

********************
薄桜鬼が刀剣展を!!w嬉しいけど岡山か~!(;´∀`)っていうw
備前長船刀剣博物館というところでやってくれるらしい。
【展示期間】2016年7月16日~9月19日 終了

◆備前長船刀剣博物館 夏季特別展のお知らせ

→行ってきました。(該当記事

********************
秋葉原の刀剣茶寮ってところにも行きたくなってきた…\(^o^)/
刀「和泉守兼定」と脇差「堀川国広」があるってよー。
土方さんに関連して沢庵のメニューもあるらしくてwもうw

◆刀剣茶寮公式Twitter

◇「和泉守兼定」の紹介ツイート:写真銘・寸法
◇「堀川国広」の紹介ツイート:写真銘・寸法

→行ってきました。(該当記事

********************

とりあえず以上。他にあったら追加するかも。

…あり過ぎだね!?笑
これ私がちょっと行きたいかなって思ってる展示だけでこうだから、
全国的にはもっとあるからね。常設展示もあるだろうし。

刀剣てたくさんあるんだねぇ。(え

会津鶴ヶ城収蔵品展 ~日本刀(前期)~

やっとこの記事まできたwまず…雨天でした!笑
まあ目的は城内だから全然良かったんだけどね。

会津鶴ヶ城収蔵日本刀展幟

「十一代和泉守兼定」の幟を見て喜ぶ私。チョロい(笑)。

ただ、全部写真撮影はNGだったので、画像はないです。
オススメなのは鶴ヶ城出口付近のお土産屋さんで売ってた
会津若松市発行の『会津、刀剣の美』って本。
ちょっとまだ兼定のところしかちゃんと読めてないけど、
関兼定が会津に仕えるようになった経緯とか、
会津刀匠の系譜、それぞれの作刀を写真(小)付きで解説。
今回展示されてない刀の写真・説明も載ってるし、
試し切りについての説明も残酷な絵付きで載ってます(;´∀`)

もっと詳しい本あるかも知れないけど、
にわかの私にもわかりやすく詳しく載っててありがたい。
図録は売ってないと思ったので買ってない。
売ってたらゴメン!てか売ってたら見逃してるわ泣くw


んじゃー、私が興味ある展示刀だけメモ残します。
『会津、刀剣の美』を参考にしつつ。★は左記の本に掲載あり。
あと、刀の印象とかは個人(にわか)の主観です!w

*****************************
★和泉守兼定(刀) 70.6cm
「和泉守兼定」
「元治元年子八月於皇都作 小池信政所持」

元治元年8月に京都で作った刀。11代目兼定さん。
刃文は兼さんと似てるけど、細い樋が2本入ってて、
切っ先が長め、反りがやや強い印象。
小池信政さんの事は知らない。

*****************************
■和泉守兼定(脇差) 43.4cm
「和泉守兼定」
「君万歳」

これも11代目兼定さん。
確かなことは言えないけど、刃文が派手に波打ってて
切っ先も妙に長い見た目重視の印象を受けたし、
何より銘が献上刀っぽいので、
明治二年六月に誕生した松平容保の子・容大への
献上刀なのかな?解説見逃してたらごめん。

『会津、刀剣の美』には他に
慶応4年2月付けの和泉守兼定の短刀も掲載されてます。

*****************************
★近江大掾兼定(刀) 72.4cm
「近江大掾兼定」
「天保十二年三月二日 於西
河原大脇毛落 切手長坂勝安」

10代目ぐらいの作なのかと思ったら、試し斬りしたのが
天保12年なだけで、会津兼定4代目の作だそうです。
試し斬りした日・場所・部位・人、ですね(;´∀`)
11代の兼さんと似たゆるい波状の刃文。やや細身?
長坂勝安さんて、別の刀の銘でも名前出てきてる。

*****************************
■三善長道(刀) 69.6cm
「陸奥大掾三善長道」
「延宝二甲寅年八月日」

初代長道さんの作。
延宝年間(1673年~)から江戸で修行して大絶賛され、
会津領では三善長道さんの刀が大人気だったそうで、
お金持ち・裕福の象徴とされていたとか。

*****************************
■三善長道(脇差) 55.0cm
「陸奥大掾三善長道」

これもたぶん初代長道さんの作。
日付銘なしの脇差がたくさんあるんだそうです。
樋が、細長いのと太短いの2本。

*****************************
■三善長道(刀) 84.7cm
「長道」
「寛文十一辛亥年二月日」

これも初代長道さんの作かと。
寛文11年(1671年)なので、まだ大人気になる前?

*****************************
■三善長道(刀) 67.5cm
「陸奥大掾三善長道藤四郎 一宮左太夫望之」
「寛文十庚戌年八月日
延宝七巳未歳八月日二ツ胴裁断
大沼又八郎俊忠試之」

これも初代長道さん。
ってか、初代のしか無かったんだ!w今気づくというw
近藤勇さんが褒美で貰ったのも初代のだったのかな?
その後、後代の三善長道さんに刀発注したそうだけど。
一宮左太夫って誰だろ(笑)。
わからないけど、作ったのは大人気になる前で、
試し斬りは大人気になった後なのがちょっと面白い?

全体的に、三善長道さんの刃文はゆるい波状、
なんですけど、何て言うんだろ?厚め?のような。
切っ先は短め、かな。

*****************************
■大和守源秀国(刀) 75.1cm
「元興入道松軒」
「文久三癸亥年仲春應 橘正巳翁作之」

最近有名な(?)大和守源秀国さん。
3代目元興で、慶応元年秋から秀国に銘を改め、
慶応2年7月5日に大和守を受領したそうです。
だからこれは、銘が元興なんですね。
すごく細かい波状の刃文。

*****************************
■大和守源秀国(刀) 71.7cm
「源元興作之」
「安政六年秋八月
同年十一月廿三日於千住太々土壇払
山田吉武試之」

同じ人の。これもまだ秀国になる前。
この頃は江戸で修行してたそうです。
こっちの刃文はゆるめの波状。
あっ、この山田吉武さんてのは首切役人で有名な
山田浅右衛門さんの家系の人ですかねぇ?

大和守源秀国さんのは、どっちも少し反りが強めかも。

井上源三郎資料館と霊山歴史館に展示されている
秀国はどっちも「慶応二年八月日」ですよね。
『会津、刀剣の美』には同日付の別の刀が掲載されてて、
それには京都で作った事が刻銘されてます。
同じ日付で何振りも作ったんですね。少なくとも4振り?

*****************************
■宗近(大槍)

これは別に会津刀匠の槍というわけじゃなくて、
戊辰戦争時に17歳で戦死した町野久吉さんの槍だそう。
刀剣乱舞に出てくる三日月宗近の系譜の人なのかなあ?
わかりません。何か角ばった槍でした。
特殊なドライバーみたいな・・・ひどい説明だw
柄が付いてないから素人目だと大槍っぽく見えない。

*****************************

よし、以上~!!
あ~…後期の展示もあるんだよね~wどうしよw

最後に雨の会津城と天守閣からの写真を。

会津鶴ヶ城(雨天)

会津鶴ヶ城展望(雨天)

では!(/・ω・)/

Tag : 和泉守兼定 三善長道 大和守秀国

東京富士美術館 ~ザ・刀剣展~

後期展示期間の早い内に行ったけど、
なかなか記事書けなかったので、今になりました!

ザ・刀剣展

はっきり言って、全然知識ないのでほぼ画像のみ。
ほとんどの刀は撮影OKだったけど、土方さんの葵御紋越前康継とか
いくつかは撮影NGでした。
確か刀剣乱舞ミュージカルで長曽祢虎徹役をする俳優さんが
この刀剣展を訪れて公式動画とかあげてるはずなので、
詳しく見たい人はそっちのがいいかも。

私の記事はあくまで私の日記みたいなもんなんで。笑


じゃ、長曽祢虎徹からいきまーす!

長曽祢虎徹1(ザ・刀剣展)

▲銘:長曽祢興正
刃長70.6cm 反り1.5cm 江戸時代前期

長曽祢虎徹2(ザ・刀剣展)

▲銘:長曽祢興里入道乕鉄
(金象嵌)寛文五年十二月十六日
山野加右衛門六十八歳永久(花押) 四ツ胴裁断
刃長70.1cm 反り0.8cm 江戸時代前期


長曽祢虎徹3(ザ・刀剣展)

▲銘:長曽祢興里入道乕鉄
刃長70.5cm 反り1.5cm 江戸時代前期

以上、虎徹。
「乕」も「虎」って意味の漢字なんですね。(えw)


あとは個人的に気になってたやーつ。

山城守藤原国清(ザ・刀剣展)

▲銘:(菊紋)山城守藤原国清
刃長70.8cm 反り1.6cm 江戸時代前期

沖田総司さんの愛刀が菊一文字則宗だったという話は
司馬遼太郎さんの創作だというのはもう知れ渡ってるのかなと
思いますけど、一応、沖田さんの子孫の方の伝承で、
「菊紋の刀だった」という話はあるようで、
菊一文字はあり得ないけど、別の菊紋の刀だったとすれば…
山城守国清なのではないかという説があるみたいです。
しかも山城守国清は、堀川国広の弟子でもあるそうです。
(『新選組と刀』より)
ゲーム『薄桜鬼・真改』で、この説をとってておお!と思いました笑。


最後に!

手柄山藤原氏繁(ザ・刀剣展)

▲銘:播州手柄山藤原氏繁
男[政]俊彫之
刃長68.2cm 反り1.3cm 江戸時代中後期

永倉新八さんの愛刀も「播州手柄山氏繁」だったとか。
(『新選組と刀』所収「源龍斎覚え書」より)
永倉さんだし、もっとゴツい刀をイメージしてたら
めちゃくちゃ綺麗な刀で驚きを隠せませんでしたww

他にも撮影OKのやつはとりあえず全部撮ったけど(笑)、
記事にする予定は今のところないです。

以上でーす。

土方歳三パネル(ザ・刀剣展)

↑展示出口の販売所に記念写真用として飾られてた土方さんw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。